ZFがマイクロソフトと提携拡大、デジタルサービス開発へ…CES 2019

ZF(イメージ)
  • ZF(イメージ)
  • マイクロソフト本社

ZFは1月8日、米国ラスベガスで開幕したCES 2019において、マイクロソフト(Microsoft)との提携を拡大し、デジタルサービスを開発すると発表した。

今回の提携拡大は、包括的なデジタルクラウドプラットフォームの構築が目的だ。このプラットフォームを通して、ZFは自動運転、車両の運動制御、統合安全および電動化分野のデジタルサービスを開発していく。

ZFは、乗用車と商用車の両分野において、交通事故による死者をなくし、ゼロエミッションも実現する「ビジョン・ゼロ」に向かって前進している。自動運転車や各種安全システム、インテリジェントモビリティソリューションのデジタル化が、交通事故と排ガスのない未来の道路交通の実現に欠かせないと、ZFは見ている。

これらのデジタル化は、マイクロソフトの「アジュール」(Azure)ベースのZFクラウドを、技術的なベースとしている。ZFとマイクロソフトの提携拡大は、これまでよりも顧客の要望に応じたソリューション開発を可能にする、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 日産がデジタル化推進に向け「デジタルハブ」、世界で最初の拠点を開設 画像 日産がデジタル化推進に向け「デジタルハブ」、世界で最初の拠点を開設
  • デンソー、自動運転車向けプラットフォーム共同開発…デジタル地図のトムトムと提携 画像 デンソー、自動運転車向けプラットフォーム共同開発…デジタル地図のトムトムと提携
  • ボッシュがデジタルキー新開発、スマホで認証…CES 2019で発表へ 画像 ボッシュがデジタルキー新開発、スマホで認証…CES 2019で発表へ
  • パナソニックが次世代デジタルコクピット、グーグルの「Android P」採用…CES 2019 画像 パナソニックが次世代デジタルコクピット、グーグルの「Android P」採用…CES 2019

特集