パナソニックブース、様々な「コネクテッド・モビリティ」を展示…CES 2019

パナソニックブース、様々な「コネクテッド・モビリティ」を展示…CES 2019
  • パナソニックブース、様々な「コネクテッド・モビリティ」を展示…CES 2019
  • パナソニックブース、様々な「コネクテッド・モビリティ」を展示…CES 2019
  • パナソニックブース、様々な「コネクテッド・モビリティ」を展示…CES 2019
  • パナソニックブース、様々な「コネクテッド・モビリティ」を展示…CES 2019
  • パナソニックブース、様々な「コネクテッド・モビリティ」を展示…CES 2019
  • パナソニックブース、様々な「コネクテッド・モビリティ」を展示…CES 2019

1月8日(太平洋時間)に開幕した世界最大規模の家電展示会「CES 2019」において、日本の大手家電メーカー、パナソニックが出展した。

パナソニックブースがあるのは、例年通り多くの家電メーカーが集まるセントラルホール。巨大なブース内はいくつかのエリアに分かれており、その中でも「コネクテッド・モビリティ」では最新のモビリティが披露されている。

まず、ブースに入って右手にあるステージでは、インテリジェント交通ソリューション「CIRRUS」のプレゼンテーションが行われていた。「CIRRUS」はV2V(車車間)、V2X(路車間)の情報をシェアするプラットフォーム。クルマがリアルタイムで取得した、路面、事故、工事などの状況のデータを、他のクルマとシェアして安全に生かす仕組みだ。リアルタイムなデータ以外にも、蓄積したデータを使用し、危険の予知などにも利用されるという。プレゼンテーションでは4台のクルマの情報が画面に映し出され、1台目のクルマが事故に遭って停車したことから、その情報を残りのクルマが取得。二重事故を防いだり、事故による渋滞の回避にデータが使用される様を見ることができた。

ブースに入って左手には、eモビリティのコンセプトモデル「SPACe_C」が展示されていた。これは上下に切り離すことができる車両となっており、上部を人を乗せる車両にしたり、荷物運搬用の車両にしたりと言った、様々なタイプの交通手段として利用可能だという。車両の下部は48Vのeパワートレインプラットフォーム「eTorta」となっており、電力で走行することができる。展示されていた車両はかわいらしい顔のようになっており、サマースクールのチャーターバスのようになっていた。

ブースの奥右手側に展示されていた車両は「SPACe_L Autonomous Cabin」。こちらは自動運転を前提とした車内空間のコンセプト展示となっており、「リビングモード」、「ビジネスモード」、「リラクゼーションモード」、「エンターテインメントモード」と切り替えることが可能で、広々とした車内空間をシチュエーションに合わせて快適に利用することができるという。

《関 航介》

編集部おすすめのニュース

  • パナソニック、車載向け電子回路基板材料など展示予定…オートモーティブワールド2019 画像 パナソニック、車載向け電子回路基板材料など展示予定…オートモーティブワールド2019
  • パナソニックのV2Xオープンプラットフォーム…CES 2019 画像 パナソニックのV2Xオープンプラットフォーム…CES 2019
  • パナソニック、ハーレーが市販する電動バイクのコネクテッドサービスを初公開…CES 2019 画像 パナソニック、ハーレーが市販する電動バイクのコネクテッドサービスを初公開…CES 2019
  • パナソニック、「ストラーダ」のベーシックモデル発売へ…渋滞回避やワイヤレス音楽再生に対応 画像 パナソニック、「ストラーダ」のベーシックモデル発売へ…渋滞回避やワイヤレス音楽再生に対応

特集