ケンウッド、ドラレコ2機種発売へ コンパクト&高性能なスタンダードモデル

ケンウッドDRV-340/240
  • ケンウッドDRV-340/240
  • ケンウッドDRV-240
  • ケンウッドDRV-240(東京オートサロン2019)
  • ケンウッドDRV-340
  • ケンウッドDRV-340(東京オートサロン2019)

ケンウッドは、高性能とコンパクトボディを両立したドライブレコーダーのスタンダードモデル「DRV-340」「DRV-240」を2月上旬より発売する。

新製品は、高精細なフルハイビジョン(1920×1080)撮影に対応。ナンバープレートや標識など、走行時の映像をより細部まで、鮮明に記録できる。また、最長24時間の長時間「駐車監視録画」機能に対応。これらの高い性能を幅62×高さ51×奥行37mmのコンパクトデザインに搭載し、優れたコストパフォーマンスを実現する。また、本体とブラケット形状を見直した新デザインの採用により、録画映像へのフロントガラスの映り込みを低減。より鮮明な録画も実現している。

上位モデルのDRV-340は、高感度GPSを搭載。速度、緯度、経度などの自車の運転情報を記録できる。

価格はオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集