ヴァレオ、自動運転見据えたV2Xシステム発表へ…CES 2019

ヴァレオのCES 2019ブースイメージ
  • ヴァレオのCES 2019ブースイメージ
  • Valeo Clean Road
  • Valeo Oxy’Zen

ヴァレオ(Valeo)は、米国ラスベガスで1月8日に開幕するCES 2019において、テレマティクスプラットフォームに統合されたV2X(車車間・路車間通信)システムを初公開すると発表した。

このシステムは、イスラエルに本拠を置くオートトーク社と共同開発された。オートトーク社は、V2X向けのコンピューターを手がけている。

CES 2019では、ヴァレオのテレマティクスプラットフォームをベースに、オートトーク社のV2X技術を統合したシステムを初公開する予定だ。CES2019の会場では、専用短距離通信のDSRCと、C-V2Xを切り替えるライブデモを行う。

ヴァレオは、オートトーク社のV2Xソリューションをヴァレオの先進運転支援システム(ADAS)ポートフォリオに組み合わせることで、自動運転車をより安全に走行させる強固な基盤になる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 米トヨタ、最新「V2X」の実証実験を開始 2021年から実用化へ 画像 米トヨタ、最新「V2X」の実証実験を開始 2021年から実用化へ
  • 信号機のセンサーが自転車や歩行者を検出しドライバーに警告、VWがV2Xの公道実験 画像 信号機のセンサーが自転車や歩行者を検出しドライバーに警告、VWがV2Xの公道実験
  • ボッシュ、C-V2X技術の開発を促進…コネクテッドな自動運転を実現へ 画像 ボッシュ、C-V2X技術の開発を促進…コネクテッドな自動運転を実現へ
  • 信号が変わるタイミングを知らせる、ジャガー・ランドローバーがV2Xの実証実験 画像 信号が変わるタイミングを知らせる、ジャガー・ランドローバーがV2Xの実証実験

特集