【トヨタ車オブザ平成】3位は セルシオ、1位は…読者アンケート結果

スープラ(1993年~)
  • スープラ(1993年~)
  • スープラ(1993年~)
  • スープラ(1993年~)
  • スープラ(1993年~)
  • スープラ(1993年~)
  • プリウス(1997年~)
  • プリウス(1997年~)
  • プリウス(1997年~)

「平成」も最後の年になりました。『レスポンス』読者の記憶に残る平成のトヨタ自動車ははたしてどの車種でしょうか。読者投票で「トヨタ車オブザ平成」を決めました。「平成にはこういう車があったよねえ」「おおー」と盛り上がってください。

読者の思い出、思い入れ、思い込みたっぷりのトヨタ車は票が別れて……

1位:スープラ(1993年、A80)・得票率:25.7%
1位:プリウス(1997年、初代)・得票率:25.7%
3位:セルシオ(1989年、初代)

……となり、同率首位が2車種でした。『スープラ』は、久々の新型登場の話題が順位を押し上げたかもしれません。4位以下は『MR2』(1988年、SW20)、『アルテッツァ』(1998年、XE10)と続き、長い目で見ると、トヨタは面白い車を多く作っているメーカーということがわかります。

■各社の最終投票結果を公表中■

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集