【ポルシェ マカン 改良新型】3つの約束のひとつ…デザインをリフレッシュ

ポルシェ・マカン改良新型
  • ポルシェ・マカン改良新型
  • 七五三木社長
  • ポルシェ・マカン改良新型発表会
  • ポルシェ・マカン改良新型と七五三木社長
  • ポルシェ・マカン改良新型
  • ポルシェ・マカン改良新型
  • ポルシェ・マカン改良新型
  • ポルシェ・マカン改良新型

今年、創業70周年を迎えたドイツのスポーツカーメーカー、ポルシェの日本法人、ポルシェジャパンは12月19日、ミッドサイズクロスオーバーSUV『マカン』の2019年モデルを日本初公開した。日本での発売は2019年夏。

ポルシェジャパンの七五三木敏幸社長はニュー・マカンの紹介に先立ち、「われわれポルシェが70年もの長いあいだ成長してこられたのは、ポルシェオーナーの皆様、メディアの皆様、ステークホルダーの皆様のおかげ」と謝辞を述べ、続いて71年目の取り組みについて語った。

「われわれは皆様に3つのお約束をしてきた。ひとつは魅力的なポルシェを提供し続けることで日本の消費を刺激すること。2つめはこの美しい国の環境を守るため、ゼロエミッション(排ガスゼロ)スポーツカーを日本市場に投入すること。3つめはお客様にスポーツドライビング体験の機会を提供すること」

マカン2019年モデルは、71年目に踏み出したポルシェが1つ目の約束を果たすためのモデルという役割を担う。フロントマスクやリアコンビネーションランプをはじめ、各部のデザインを大幅にリフレッシュ。11インチフルタッチディスプレイ&コネクティビティ、安全装備の標準化など、最新技術によるアップデートを施しながら、スターティングプライスはこれまでと同じ699万円と、ポルシェブランドとしてはきわめてリーズナブルな水準に抑えられる。

マカンは2014年に日本に導入されてから今年12月10日までに9578台が販売されたという。改良新型マカンがその販売にどのくらいブーストをかけることができるかが注目される。発売日は決まっていないが、第3四半期の早い時期になるとみられる。

ミッドサイズクロスオーバーSUV『マカン』2019年モデル。そのキーメッセージは「Ch…

《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集