BASF×GAC R&Dセンター、超小型EVモビリティ3台を共同開発

BASFとおGAC R&Dセンターが共同開発した超小型EVモビリティ
  • BASFとおGAC R&Dセンターが共同開発した超小型EVモビリティ

独BASFは11月17日、中国・広州汽車の研究開発部門「GAC R&Dセンター」と共同開発した2人乗りの電気自動車(EV)コンセプトカー3台を「広州モーターショー2018」で発表した。

コンセプトカー3台は、BASFのさまざまな素材やソリューションを採用。高齢者、女性など幅広いドライバーのニーズに応えるとともに、世界中の都市部で急速に広がりを見せるカーシェアリングにも対応する。また、BASFとGAC R&Dセンターが共同開発した車体用の外装塗料が、各コンセプトカーのユニークな個性を際立たせている。

シニアドライバー用に設計された2人乗りのEV「2US」は、ユニークな設計の回転式シートベースを装備。高齢ドライバーや同乗者の乗降を支援する。車室内で水平方向に90度回転するメカニズムは、BASFのポリアミド製品「ウルトラミッド アドバンスN」で作られたギアにより、スムーズな操作を実現している。

「2U」は、個性的なスタイルを求める女性向けに設計されたコンセプトカー。BASFのポリアミド成形材料「ウルトラミッド ビジョン」で作られた半透明のトリム部品を使ったユニークなシートデザインなど、様々な可能性を秘めた車となっている。助手席シートの毛皮のような表面は、BASFの3Dプリント材料「Adsint TPU」で実現している。

「2ALL」は、操作の容易さやメンテナンス費用の低減など、カーシェアリング特有のニーズに対応するデザイン要素を複数備えたコンセプトカー。BASFの熱可塑性ポリウレタンエラストマー「エラストランHPM」で作られたフロントバンパーは、傷のつきにくい優れたデザインを実現。熱可塑性ポリウレタン発泡粒子「インフィナジー」で作られたシートの背もたれや底面クッションは、快適性と堅牢性を兼ね備えている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集