【青山尚暉のわんダフルカーライフ】理想の後席用ペット乗車アイテムが登場!

VWの純正ペット専用汎用大型フラットベッド「フラットベッドエクスクルーシブ」
  • VWの純正ペット専用汎用大型フラットベッド「フラットベッドエクスクルーシブ」
  • VW純正ペットセーフティ
  • VWの純正ペット専用汎用大型フラットベッド「フラットベッドエクスクルーシブ」
  • VWの純正ペット専用汎用大型フラットベッド「フラットベッドエクスクルーシブ」
  • VW「フラットベッドエクスクルーシブ」
  • メッシュ窓を通し前席から後席を見たところ
  • VW「フラットベッドエクスクルーシブ」
  • VW「フラットベッドエクスクルーシブ」

フォルクスワーゲン(VW)は純正ペット用品の充実度も高いドイツの自動車メーカーだ。

これまでも後席に愛犬を安全快適に乗せられるフラットベッド、およびペットシートカバー、ワゴンのラゲッジルームをフルカバーしてくれるとともに、犬の乗降時にキズつきやすいリアバンパーを覆ってくれるフラップ付きのラゲージカバー、後席にシートベルトで固定できる「ペットセーフティ」と呼ばれるキャリーケースなどがラインアップされていた。

そんなフォルクスワーゲンから2018年11月、純正ペット専用汎用大型フラットベッド「フラットベッドエクスクルーシブ」が登場した。毎年春に開催される一大ペットイベントの「インターペット」にも出展しているフォルクスワーゲンだが、愛犬家の意見と要望と取り入れ、クルマとペットのプロが監修した、かつてない機能と高級感、使い勝手を備えた画期的な愛犬のための車内用ベッドなのである。

実は、その開発に深くかかわったのが、モータージャーナリストであるとともにドッグライフプロデューサーでもあるボクだ。これまで世界中の車内用ペットアイテムを愛用、テストしてきた経験を活かし、そこで感じた不満のほぼすべてを解消すべく、およそ2年弱の開発期間を経て完成させたのが「フラットベッドエクスクルーシブ」というわけだ。

機能性と使い勝手は?

では、その高機能の一部を使用インプレッションとともに紹介したい。

1.フォルクスワーゲン品質かつ清掃性に優れた素材をふんだんに使用

「フラットベッドエクスクルーシブ」は後席に設置する、バスタブ状のペット用ベッド。クルマに犬を乗せると、車内は毛だらけ、ヨダレだらけ、雨の日やドッグランで遊んだあとは泥だらけ…という悩みを解消するためのアイテムだ。

そこで、フォルクスワーゲンのような高級輸入車にふさわしい素材として、高級感にあふれ、撥水、防汚、防臭効果、さらには清掃性にも優れた高品質な合成皮革を採用。しかし、こうしたアイテムを後席に設置しても、気付かないうちに裏面(シート面)にもペットの抜け毛が入り込み、からみつく点に注目。表皮に抜け毛がからみにくい素材を使用しても、裏面がそうでなく、抜け毛がからみついたまま放置すると、あとの掃除が大変で、なおかつ車内に動物臭が漂う原因になってしまうのである。

コストを考えれば、高級素材は表皮だけ…というのが常識だが、「フラットベッドエクスクルーシブ」は裏面にも表皮と同じ高品質な合成皮革を使っている。そう、裏面の抜け毛の付着のしにくさ、清掃性にまで配慮しているこだわりである。

2.熱中症対策にもなる大型メッシュウインドウを採用

本体前面には、前席用エアコン吹き出し口からの冷風、後席エアコン吹き出し口装着車ならその冷風をしっかり後席に届かせるための大型メッシュウインドウを備えている。世の多くのペットシートマットは、そのメッシュ窓がない、あるいはあっても小さく、また後席エアコン吹き出し口をふさいでしまうものもあったりする。それはまずい。

夏のドライブでは、エアコンをフル作動させたとしても、後席部分は前席ほど温度が下がらない。犬は全身が被毛で包まれ、足の裏からしか発汗できず、高温と湿気に弱く、最悪、死に至らせる熱中症になりやすい生き物でもあるのだ。だからペットを後席に乗せているときはエアコンの設定温度を低めにするとともに、後席への“風の道”を作ってあげる必要がある。動物学者によれば、犬はエアコンの温度そのものより、風がそよそよしていることのほうが暑さ対策として大切であるとも言っている。

また、大型メッシュウインドウは、後席の愛犬と前席の飼い主がアイコンタクトしやすく、お互いに安心してドライブを楽しめるという機能も併せ持っている。

3.リアドアからの乗降に配慮したサイドフラップを完備

愛犬を後席に乗せる際、たとえペットシートマットのような1枚もののカバーを敷いていてもサイドはカバーされず、ステップ部分にキズがつき、シートサイドが抜け毛や泥で汚れる。シートサイドとステップの間にすき間があれば、そこに抜け毛が堆積してしまう(掃除は困難。車内の動物臭の原因にもなる)。

「フラットベッドエクスクルーシブ」はそうした悩みを解決するため、左側通行、車両の左側に歩道がある日本仕様として、本体左側に、普段はスマートに折り畳んでおけるフラップを完備。フラップの長さは、フォルクスワーゲン『ゴルフ』や『ポロ』から、車高の高い『トゥーラン』や『ティグアン』のようなミニバン、SUVのシート位置、最低地上高にも対応するように設計されている。クッション性のある合成皮革のため、犬が前足をかけやすい(つめが滑りにくい)メリットもある。


4.フラットベッドのネーミング通りのフラットで快適な居心地を追求

フラットベッドというだけあって、底面は後席座面の凸凹に影響されにくいフラットなボード状になっている(折り畳み可)。しかしこれまであったこの種のアイテムは、板が入っているだけで、乗り心地は決して良くなく、マットを敷いてあげる必要があった。「フラットベッドエクスクルーシブ」は底面にクッション性のあるウレタン材をラミネートしているため、そのままでも快適な居心地、座り心地、寝心地が保証されている。もちろん、さらなる配慮として、クッションを敷いてあげることに反対はしない。

5.取り付けの簡便さにもぬかりなし

「フラットベッドエクスクルーシブ」の後席への取り付けは実に簡単だ。5枚の合成皮革素材で構成された本体を、ジッパーを引き上げることで箱状に組み立て、前後ヘッドレストにロープ状のベルトを引っかけ、大型ストッパーを絞って固定するだけ。

そうした作業性にもこだわりがあり、ジッパーは表裏側にあるダブルジップ方式を採用。表裏どちらからでも引きやすく、その両方を引くことで作業は一段とスムーズかつ楽になる設計だ。前後ヘッドレストにロープ状のベルトを引っかける際のストッパーも大型化し、夜間でも、片手でも簡単に装着できる配慮がなされている。

使わないときには、コンパクトに折り畳める工夫も「フラットベッドエクスクルーシブ」ならでは。折り畳み時の寸法は約68×60×10cmだ。

6.ブラック×オレンジのファッション性

本体に微光沢ブラックの高品質な合成皮革を採用するとともに、トリム、前後ヘッドレスト固定用のロープに鮮やかなオレンジ色を採用。淡いカラーだと汚れが目立つ、しかしブラック単色では車内が暗く見える…という双方のデメリットを解消した絶妙なカラーリングでもある。

VWオーナー以外にもおすすめしたい

「フラットベッドエクスクルーシブ」は小型犬から大型犬までの乗車が可能(わが家のテストでは小型犬のジャックラッセルと大型犬のラブラドールレトリーバーの2頭でも寛げる)。フォルクスワーゲンではポロからトゥアレグまでの、『up!』と『ザ・ビートル』を除く車種に適応するほか、フォルクスワーゲン以外のコンパクトカー以上の車種でも使うことが可能(軽自動車など装着できない車両もあり)。装着の可否は、装着時の寸法(奥行き約78×幅約120×高さ約50cm)を参考にしていただきたい。

実際にわが家のラブラドールレトリーバーのマリアとジャックラッセルのララがゴルフヴァリアントの後席に装着してドライブ、テストを重ねて完成した「フラットベッドエクスクルーシブ」だが、犬にしてみれば乗り降りに気を使わずに済み、フラットな底面の快適感にも大満足しているもよう。何しろ、出発して2頭ともにすぐに寝息をたててしまうぐらい快適らしい。

そして飼い主側からすれば、車内の汚れが劇的に減少し、高品質な合成皮革ゆえ、汚れても絞った濡れタオルでサッと拭くだけで汚れが簡単に落とせるのだから実に使いやすい。車内の動物臭のなさにも驚いているところである。フォルクスワーゲンユーザーだけでなく、すべての愛犬家に使ってほしい、最高品質、機能を持っていると確信している。

価格は4万3200円。全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーから発売されている。「フラットベッドエクスクルーシブ」に続く画期的な新アイテムも、ラブラドールレトリーバーのマリアとジャックラッセルのララとともに鋭意、開発中である。乞ご期待!

《青山尚暉》

編集部おすすめのニュース

  • VWペット専用大型フラットベッド発売、愛犬家の意見を参考に開発 画像 VWペット専用大型フラットベッド発売、愛犬家の意見を参考に開発
  • 【青山尚暉のわんダフルカーライフ】愛犬の安全なクルマの乗せ方&降ろし方 画像 【青山尚暉のわんダフルカーライフ】愛犬の安全なクルマの乗せ方&降ろし方
  • ホンダ、純正愛犬用アクセサリー新色グレーを追加 画像 ホンダ、純正愛犬用アクセサリー新色グレーを追加
  • 【青山尚暉のわんダフルカーライフ】ドッグフレンドリーカーに必要な装備、機能は? 画像 【青山尚暉のわんダフルカーライフ】ドッグフレンドリーカーに必要な装備、機能は?

特集