MVアグスタが ドラッグスター800RRアメリカ 発表、モチーフは星条旗…EICMA 2018

MVアグスタは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、『ドラッグスター800RRアメリカ』(MV Agusta Dragster 800 RR America)をワールドプレミアした。

このモデルは、MVアグスタがおよそ40年前の1975年に発表した『Sアメリカ750』に敬意を表して開発された。Sアメリカ750は、MVアグスタのアイコン的な1台とされる。

ベースモデルは、MVアグスタの『ドラッグスター800RR』だ。ドラッグスター800RRアメリカでは、ブラックの車体を基本に、ブルー、レッド、ホワイトの3色をあしらった。これは、米国の星条旗がモチーフとなる。細かく見ると、ホイールにもこの3色が使われている。

パワートレインは、ベース車両のドラッグスター800RR同様、排気量798ccの3気筒ガソリンエンジンを搭載し、最大出力140hpを発生する。なお、ドラッグスター800RRアメリカは、世界限定200台を生産される、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース