【F1 ブラジルGP】フリー走行はボッタスがトップタイム、トップ7が1秒以内の大接戦

F1ブラジルGP
  • F1ブラジルGP
  • F1ブラジルGP
  • F1ブラジルGP
  • F1ブラジルGP
  • F1ブラジルGP
  • F1ブラジルGP
  • F1ブラジルGP

ブラジル、サンパウロのインテルラゴスサーキットで9日、ブラジルGPが開幕。初日のフリー走行はバルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップタイムをマークした。

雨の予報もあったがドライコンディションで行われたフリー走行2回目は、序盤にバルテリ・ボッタス(メルセデス)が1分8秒846のトップタイムをマーク。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が0.073秒差でそれに続いた。多くのドライバーはタイムを更新できない中、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がベッテルを逆転するも、ボッタスに1000分の3秒及ばず2番手。昨年のポールシッター、ボッタスが初日をトップで締めくくった。

2番手のハミルトン、3番手のベッテルに続いたのはダニエル・リカルド(レッドブル)。パワーユニットの部品交換でグリッド降格が決まっているが、絶好調のチームメイトを上回るタイムを出した。5番手はフリー走行1回目でトップタイムを記録するも、トラブルから2回目のセッションを半分しか走れなかったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。6番手はキミ・ライコネン(フェラーリ)、7番手はロマン・グロージャン(ハース)で、ここまでがトップと1秒以内の差だった。

トロロッソ・ホンダは新スペックのパワーユニットを温存し、旧スペックで走行。ピエール・ガスリーが12番手、ブレンドン・ハートレーが19番手だった。

■F1ブラジルGP フリー走行2回目結果
1. バルテリ・ボッタス(メルセデス)/1分8秒846
2. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分8秒849
3. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)/1分8秒919
4. ダニエル・リカルド(レッドブル)/1分9秒164
5. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)/1分9秒339
6. キミ・ライコネン(フェラーリ)/1分9秒412
7. ロマン・グロージャン(ハース)/1分9秒769
8. シャルル・ルクレール(ザウバー)/1分9秒943
9. ケビン・マグヌッセン(ハース)/1分10秒007
10. エステバン・オコン(フォースインディア)/1分10秒159
11. セルジオ・ペレス(フォースインディア)/1分10秒320
12. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)/1分10秒330
13. フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)/1分10秒332
14. カルロス・サインツ(ルノー)/1分10秒458
15. マーカス・エリクソン(ザウバー)/1分10秒532
16. セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)/1分10秒569
17. ストフェル・バンドーン(マクラーレン)/1分10秒596
18. ランス・ストロール(ウィリアムズ)/1分10秒662
19. ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)/1分10秒734
20. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)/1分11秒674

《藤木充啓》

編集部おすすめのニュース

  • 【F1 メキシコGP】フェルスタッペンが今季2勝目、ハミルトンが5度目のワールドチャンピオン獲得 画像 【F1 メキシコGP】フェルスタッペンが今季2勝目、ハミルトンが5度目のワールドチャンピオン獲得
  • 【F1】2019年のタイヤカラーはドライ3色に…7色は多すぎた? 画像 【F1】2019年のタイヤカラーはドライ3色に…7色は多すぎた?
  • 佐藤琢磨SRS-F&K新校長「人間力のある選手を育てたい」…自身は入学時、10分の1の難関突破 画像 佐藤琢磨SRS-F&K新校長「人間力のある選手を育てたい」…自身は入学時、10分の1の難関突破
  • 「ジャパン・レーサーズ・スクワッド」を起動、室屋義秀と佐藤琢磨がトークショー開催 画像 「ジャパン・レーサーズ・スクワッド」を起動、室屋義秀と佐藤琢磨がトークショー開催

特集