BMWグループ、i3 の電動パワートレインを小型EVバスに供給…航続210km

カルサン社の小型EVバス JestとBMW i3
  • カルサン社の小型EVバス JestとBMW i3
  • カルサン社の小型EVバス JestとBMW i3
  • カルサン社の小型EVバス Jest

BMWグループは11月8日、EVの『i3』(BMW i3)の電動パワートレインを、小型のEVバス向けに供給すると発表した。

BMWグループがi3の電動パワートレインを供給するのは、トルコのカルサン(Karsan)社だ。BMWグループはカルサン社と契約を結び、カルサン社の小型EVバス『Jest』に、i3の電動パワートレインが搭載される。

供給されるi3の電動パワートレインは、市販車用と共通だ。モーターは最大出力170hp、最大トルク25.5kgmを発生する。i3では0~100km/h加速7.3秒、最高速150km/h(リミッター作動)の性能を発揮するモーターとなる。

カルサン社の小型EVバスのJestには、i3用のリチウムイオンバッテリーを2個搭載する。蓄電容量は合計で88kWhとなり、1回の充電での航続は、最大210kmの性能を備えている。

なお、カルサン社の小型EVバスのJestは、全長がおよそ6mある。最大26名の乗客を輸送できる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集