京阪の「プレミアムカー」が3000系にも登場…紺色を基調とした新造車 2020年度中

先発の8000系(左)と調和したデザインとなる3000系(右)のプレミアムカー。
  • 先発の8000系(左)と調和したデザインとなる3000系(右)のプレミアムカー。
  • 3000系プレミアムカーのデザイン。従来車は2+1列のセミクロスシートで、クロスシートは自動転換式となっている。
  • 3000系プレミアムカー(上)と8000系プレミアムカーの側面の違い。3000系は、扉周りの金色は8000系と共通だが、ベースとなる色は3000系の基本色である紺・白・銀を組み合わせたものとなる。扉は8000系は片開きだが、3000系では両開きとなる。
  • 8000系の現行プレミアムカー。座席数は40で、3000系のプレミアムカーも同じ数となる。

京阪電気鉄道(京阪)は11月8日、8000系特急型車両に導入している「プレミアムカー」を、2020年度中に3000系にも導入すると発表した。

プレミアムカーは2017年8月に初めて導入された座席指定特別車両で、現在は8000系の6号車に連結している。2+1列のリクライニングシートが並ぶ「快適性とパーソナル空間の演出」にこだわったインテリアで、大型テーブルやラゲッジスペース、コンセントなども装備。車内には専属アテンダントも乗務している。

8000系のプレミアムカーは改造により登場したが、3000系では新造される。3000系は2008年に登場した3扉車で座席数は1両につき45席だが、プレミアムカーは1扉車で40席となる。

3000系のプレミアムカーは6両が導入され、6号車に連結。導入後は、昼間時の特急は原則として全列車がプレミアムカー連結となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集