トヨタ ハイラックス に「GR SPORT」、GR初のオフロードモデル…サンパウロモーターショー2018

トヨタ・ハイラックス GR SPORT
  • トヨタ・ハイラックス GR SPORT
  • トヨタ・ハイラックス GR SPORT
  • トヨタ・ハイラックス GR SPORT
  • トヨタ・ハイラックス GR SPORT
  • トヨタ・ハイラックス GR SPORT

トヨタ自動車は11月6日、ブラジルで開幕したサンパウロモーターショー2018において、『ハイラックス』の「GR SPORT」(Toyota Hilux GR Sport)を初公開した。

「GR」は、もっといいクルマづくりを目指すGAZOO Racingが、ニュルブルクリンク24時間耐久レースなどのモータースポーツ活動を通じて車と人を鍛え、そこで得た知見やノウハウを注ぎ開発した新しいスポーツカーシリーズだ。エンジン内部にもチューニングを施した数量限定販売の「GRMN」を頂点に、GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデルの「GR」、気軽にスポーツドライブを楽しめるGR SPORTを設定する。

サンパウロモーターショー2018では、ハイラックスのGR SPORTがワールドプレミアされた。日本市場にも復活導入されている新型ハイラックスをベースに、スポーティな演出を施した。トヨタによると、GAZOO Racingブランド初のオフロードモデルになるという。

外装は、フロントに専用のメッシュグリルを装着した。ブラックアウトされたグリルの表面には、「TOYOTA」の大型エンブレムが配される。ボディサイドには、オーバーフェンダーを装着した。ホイールは17インチのブラック。車体はブラックとレッドをアクセントに使ったGAZOO Racingカラーで仕上げている。

インテリアは、ヘッドレストやプッシュスタートボタンなどに「GR」のロゴを配した。シートには赤いステッチが入る。限定車を示すシリアルナンバープレートも添えられた。足回りはサスペンションをチューニングし、オフロードでの走破性能を引き上げている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集