【ホンダ インサイト 新型】現実主義の女心を心得た、自由に生きる人生を楽しむためのパートナー

ホンダ インサイト EX とまるも亜希子氏
  • ホンダ インサイト EX とまるも亜希子氏
  • ホンダ インサイト EX ブラックスタイル
  • ホンダ インサイト EX ブラックスタイル
  • ホンダ インサイト EX ブラックスタイル
  • ホンダ インサイト EX
  • ホンダ インサイト EX ブラックスタイル
  • ホンダ インサイト EX ブラックスタイル
  • ホンダ インサイト EX ブラックスタイル

瞳を大きく輝かせた思い出たちが、女性に凛とした強さとしなやかさを生み出すように、時代を切り開いたクルマたちもまた、未来への確信とさらなる希望をもたらしてくれる。贅沢なアルミボディのハイブリッド2シーターとして1999年に登場し、低燃費世界一を達成して私たちをアッと驚かせた初代『インサイト』から、もうすぐ20年。価格もキャラクターもフレンドリーになった2代目インサイトの功績もあって、今では街のそこかしこでハイブリッドカーを見かける、誰もが夢に見た世界が広がっている。

そんな時代に生きる私たちが、もっと先を見据えてパートナーにしたいクルマとは? ものごとの本質を見通す「洞察力」、真意を見極める「眼識」を意味する名が与えられた新型インサイトに、その答えが表現されていると感じる。凛と生きる女性にとっても、忘れてはならないこと。つまり周りに流されず、ブレない信念を持っているクルマということではないだろうか。

「自分もこうなりたい」…憧れの感情を抱かせる

堂々として美しいミドルセダンへと進化したインサイトからは、そうした信念に満ちたオーラが香り立っていた。低くワイドなスタンスがダイナミックな躍動感を与えながら、フロントグリルの精緻なつくり込み、先進的なフルLEDヘッドライトの鋭く聡明な眼差しには、ずっと共に走り抜けてくれる誠実さが感じられる。サイドにまわれば、吟味された絶妙なラインと豊かな面が室内への期待感を盛り上げ、ワイドなリアコンビネーションランプを主役としたリアビューは、美しくもグラマラスな立体デザイン。走り去る後ろ姿を、つい追ってしまいそうな余韻に心を掴まれる。

360度どこから見ても隙のない「品格」を印象づける新型インサイトは、まるで女性が女性に惚れるかのように、「自分もこうなりたい」と憧れるような感覚を呼び起こす。そして、早く走らせてその世界に浸ってみたい。そんなパッションが全身を駆け巡った。

優美に咲く花のような空間に身を委ね

指先から吸い寄せられるように心地よい、タッチセンサー式アウタードアハンドルに誘われ、シートに身を預けるとそこは優美に咲く花のような空間だった。全体としての線や面はシンプルな構成ながら、上質なステアリングやセンターコンソールの先進デバイス、7インチフルカラー液晶パネルとアナログスピードメーターを組み合わせた大径2眼メーターが、パッと花開くように出迎えてくれる。広い面に贅沢に手貼りされたソフトパッドは、見た目にも触感でも柔らかさを伝え、華やかながらどこかホッと落ち着かせてくれるのが嬉しい。大切な人を乗せて出かけたくなる、そんなインテリアだ。

機能的にも、スマートフォンが安定して置けるようラバーマットを敷いたコンソールトレーや、充電に必須のUSBジャックが2口、小物入れとしても使えるドリンクホルダーなど、スッキリと便利に使えそうな収納や装備が揃っていると感じた。このあたりは、いくらパッションで選んだ相手でも、普段の相性が悪ければ心が離れていく、現実主義の女心をよく心得ているようである。

そして室内の心地よさに浸りながら、身体を優しく包んでくれるようなシートにも感動していた。座面も背もたれもたっぷりと肉厚で、硬すぎず柔らかすぎないクッションは、従来モデルに対してサイドサポートが20mm厚くなり、座面も30mm延びているという。前席は2座ともにパワーシート、シートヒーターが設定されているのも、小柄で冷え性に悩む女性には涙モノ。後席にも94mmと厚いクッションを配し、ウレタン密度のチューニングや着座姿勢の最適化がはかられたという通り、プレミアムセダンという言葉がふさわしい座り心地を感じた。

さらに、そのゆったりとした広さはハイブリッド車であることを忘れるほど。あれだけたっぷりと大きな前席が鎮座していても、後席の足元スペースや視界に圧迫感はまるでなく、後席での快適性がしっかり考えられているとわかる。前席はもちろん後席の乗降性もスムーズなので、子どもと一緒に後席に座る時も、ひとりのオンナに戻ってドレスアップした日にも、新型インサイトの室内は優しく迎え入れてくれることだろう。

何を積んで出かけよう…荷室スペースの広さに感じる余裕

ハイブリッド車に欠かせないバッテリーやIPUを独自の技術で巧みに配置した新型インサイトは、トランクルームの容量もガソリン車と遜色なく、最大幅1380mm、最大長1000mmのスペースを実現。これなら旅行用の大きなスーツケースやゴルフバッグなど趣味の道具、かさばるベビーカーでも問題なく積みこめるはず。しかも後席が6:4分割の可倒式だから、その気になればスキーやキャンプにも行けそうだ。日常での使い勝手の良さにとどまらず、その日常を飛び出したい気持ちにも応えてくれる。新型インサイトは、そんな懐の深さも持ち合わせているのだと感じた。

そしてコンパクトで高効率な1.5Lエンジンと、2モーターによるパワフルさを兼ね備えた「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載する新型インサイトは、シーンに合わせて3つのモードから最適な走りを引き出してくれる知的で紳士なクルマでもある。静かさと滑らかさが際立つEVドライブモードなら、早朝や深夜の住宅街でも安心。エンジンで発電した電気でモーター走行をするハイブリッドドライブモードは、街中から高速道路まで幅広いシーンを快適に。そしてエンジン直結クラッチをつなぐエンジンドライブモードでは、高速クルージングをより効率よくこなしてくれる。これらがシームレスに切り替わるので、日常も非日常も、どこへ行くにも低燃費かつ気持ちのいいドライブが楽しめることだろう。

買い物や送り迎えのときにも安全機能に守られて

そんなドライブをより安心して、ドライバーも同乗者も同じように快適に過ごせるようにと、実に10もの先進安全装備と運転支援技術を揃えた「Honda SENSING(ホンダセンシング)」が全タイプに標準装備されているのが心強い。ミリ波レーダーと単眼カメラを融合し、車両だけでなく歩行者も検知する先進機能は、なにも頻繁に乗る人やロングドライブをする人だけのものではない。女性にはとくに多い、ちょっとそこまでの買い物や送り迎えの際にも、衝突の危険を検知して警告や自動ブレーキで回避・被害軽減してくれる「衝突軽減ブレーキ(CMBS)」や、ペダルの踏み間違いによる事故を防止する「誤発進抑制機能」「後方誤発進抑制機能」、約10km/h~40km/hという市街地を想定した速度で走行中に、車線を外れて歩行者と衝突しそうになるとステアリング制御で回避支援をしてくれる「歩行者事故低減ステアリング」といった機能は有効。いつもの道も初めての道も、グンと安心感が高まるはずだ。

もちろん、ノロノロ渋滞でも作動する「渋滞追従機能付ACC」、中・高速走行時にステアリングを制御する「LKAS(車線維持支援システム)」など、ロングドライブをサポートしてくれる機能も充実。暗い山道などでは「オートハイビーム」も助かるし、「先行車発進お知らせ機能」や「標識認識機能」など、誰でもやりがちなうっかりミスを防いでくれる機能もある。運転に不慣れな人やビギナーはもちろん、運転する時間が多い人もこの「Honda SENSING」がついていれば、家族の心配がかなり軽減できるのではないだろうか。

デザイン、ユーティリティ、走り、安全性と、新型インサイトにはやはり、すべてにおいて妥協なき信念が貫かれている。それは無意識のうちに自分を縛っていたものを解き放ち、もっと自由に生きる人生を楽しむために。女性はもっと前を向いて輝くために。誰にも流されず、自らの審美眼を信じる大人たちへ、新型インサイトはともに時代を駆け抜けるにふさわしいパートナーである。

インサイト先行情報サイトはこちら

《まるも亜希子》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ インサイト新型、ホームページで先行公開 2018年冬発売予定 画像 ホンダ インサイト新型、ホームページで先行公開 2018年冬発売予定
  • ホンダ インサイト 新型、「ホンダ センシング」全車標準…米国発売 画像 ホンダ インサイト 新型、「ホンダ センシング」全車標準…米国発売
  • ホンダ インサイト 新型、燃費は23.4km/リットル…価格は2万2830ドルから 画像 ホンダ インサイト 新型、燃費は23.4km/リットル…価格は2万2830ドルから

特集