JR東日本のBRTに新駅を設置へ…気仙沼市内と陸前高田市内に3駅 2019年春

気仙沼線BRT岩月駅のイメージ。
  • 気仙沼線BRT岩月駅のイメージ。
  • 気仙沼線BRT岩月駅の位置。
  • 大船渡線BRT唐桑大沢駅の位置(左)とイメージ(右)。
  • 大船渡線BRT西下駅の位置(左)とイメージ(右)。

JR東日本盛岡支社は10月31日、同社が運営するバス高速輸送システム(BRT)で2019年春に新駅を設置することを明らかにした。

前谷地(まえやち)駅(宮城県石巻市)と気仙沼駅(宮城県気仙沼市)を結ぶ気仙沼線BRTでは、最知(さいち)~松岩間に「岩月」駅(宮城県気仙沼市)を設置する。

また、気仙沼駅と盛駅(岩手県大船渡市)を結ぶ大船渡線BRTでは、八幡大橋(東陵高校)~長部(おさべ)間に「唐桑大沢」駅(宮城県気仙沼市)を、脇ノ沢~小友間に「西下(にしした)」駅(岩手県陸前高田市)を設置する。

気仙沼線BRTの専用道上に位置する岩月駅には、乗降場やホーム屋根、ベンチ、BRTロケーションシステムの駅モニターが設置されることになっており、工事は11月中旬に着手する予定。

一般道上に位置する唐桑大沢駅と西下駅は、上下線にバスポールを1基ずつ設置する簡易的な駅のため、着工・完成とも2019年春となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集