メルセデスAMG A35、欧州受注を開始…306馬力、4万7528ユーロから

メルセデス AMG A35 4MATIC
  • メルセデス AMG A35 4MATIC
  • メルセデス AMG A35 4MATIC
  • メルセデス AMG A35 4MATIC
  • メルセデス AMG A35 4MATIC
  • メルセデス AMG A35 4MATIC
  • メルセデス AMG A35 4MATIC
  • メルセデス AMG A35 4MATIC
  • メルセデス AMG A35 4MATIC

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の高性能車部門、メルセデスAMGは10月29日、メルセデスAMG『A35 4MATIC』の欧州受注を開始した、と発表した。ドイツ本国でのベース価格は4万7528ユーロ(約610万円)で、2018年12月から納車を開始する。

メルセデスAMG A35 4MATICは、新型メルセデスベンツ『Aクラス』ベースの高性能なAMGモデル。現行型の「45」ではなく、メルセデスAMGが新たにシリーズ展開を計画する「35」を冠する最初のモデルとして登場した。

パワートレインは「M260型」直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを、AMGがチューニングしたユニット。最大出力306hp/5800~6100rpm、最大トルク40.8kgm/3000~4000rpmを獲得する。

トランスミッションは7速デュアルクラッチの「AMGスピードシフトDCT7G」で、駆動方式は4WDの「4MATIC」のAMGパフォーマンス仕様となる。前後の駆動トルク配分はFFを基本に、走行状況に応じて50対50の範囲まで変化する。0~100km/h加速4.7秒、最高速250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを実現した。

電子制御システムに関しては、「AMGダイナミックセレクト」を搭載した。「Slippery」、「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツ+」、「インディビジュアル」の5種類の走行モードが切り替えでき、エンジンやトランスミッションのレスポンスなどが変化する。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集