デンソー、東京羽田空港エリアに自動運転技術の開発・実証拠点を新設へ…実証用のテスト路も

デンソーが2020年6月に羽田空港エリアに開設する予定の自動運転技術の試作開発、車両実証の拠点イメージ
  • デンソーが2020年6月に羽田空港エリアに開設する予定の自動運転技術の試作開発、車両実証の拠点イメージ

デンソーは10月31日、羽田空港跡地エリアで、自動運転技術を試作、実証する拠点を2020年6月に開設すると発表した。

今回、開設する施設は、試作や車両整備を行う開発棟と実証用のテスト路を備える。開設時の従業員数は約200人。同社が2018年4月に東京都港区(品川駅近辺)に開設した自動運転領域の研究開発オフィス「グローバル R&D Tokyo」で企画、研究開発する自動運転技術を、羽田で試作開発、実証し、東京エリアで自動運転技術の開発を完結できる体制を構築する。

羽田エリアは、国家戦略特区として自動運転など公道実証のサンドボックス制度導入の検討が進められているほか、周辺には高度な技術、技能を持つ大田区のモノづくり企業が多数、集結している。今後、特区制度活用や、周辺のモノづくり企業とも連携することで、自動運転技術をスピーディに試作、実証して開発を加速する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集