クルマ好きのハートを射抜いた! ポルシェ 911スピードスター…パリモーターショー2018

ポルシェ911スピードスター(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ911スピードスター(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ911スピードスター(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ(パリモーターショー2018)

ブランドは一朝一夕にできるものではなく、歴史が作り上げるものだ。欧州のプレミアムブランドはどこもそれをきちんと理解していることだろう。なかでもモーターショーのブースにおける見せ方として、特にヒストリーを重視しているメーカーがポルシェだろう。

2018年のパリモーターショーにおけるポルシェの、ポルシェファンをその場から離させないハイライトはふたつあった。

ひとつは量産化を決定し、今回は市販に近いモデルの初展示となった『911スピードスター・コンセプト』のステージ。真っ赤なスピードスターを囲むのは、先輩にあたる930型の「911カレラ3.2スピードスター」と、大先輩にあたる『356スピードスター』。スピードスターがどれだけ伝統のあるモデルか誇示する展示だが、それよりも伝説のマシンを目の前に感動していたポルシェファンの多さが印象的だった。

もうひとつは、ポルシェの歴史に残るフラッグシップモデルの展示。「959」にはじまり「911GT1」「カレラGT」、そして「918ハイブリッド」とスーパーマシンたちが一堂に会していたのだ。記者もポルシェ好きのひとりとして、取材すべき対象がまだたくさん残っているのというのにその場で多くの時間を消費してしまった。まんまとポルシェの策にはまってしまったというわけだ。

《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

  • ポルシェ 911スピードスター、2019年の復活が決定…パリモーターショー2018 画像 ポルシェ 911スピードスター、2019年の復活が決定…パリモーターショー2018
  • なぜポルシェが993型ターボSをレストアし、金ピカの「新車」を作ったのか 画像 なぜポルシェが993型ターボSをレストアし、金ピカの「新車」を作ったのか
  • 日産 GT-R50 のウイングは昇降式、ボンネットとトランクリッドの開き方が! 画像 日産 GT-R50 のウイングは昇降式、ボンネットとトランクリッドの開き方が!
  • 【ホンダ NSX 改良新型】発表前、ここまでのまとめ…価格やスペックなど 画像 【ホンダ NSX 改良新型】発表前、ここまでのまとめ…価格やスペックなど

特集

おすすめのニュース