アウディ e-tron、電子ドアミラー「バーチャルミラー」を設定…パリモーターショー2018[詳細画像]

アウディ e-tron (パリモーターショー2018)
  • アウディ e-tron (パリモーターショー2018)
  • アウディ e-tron (パリモーターショー2018)
  • アウディ e-tron (パリモーターショー2018)
  • アウディ e-tron (パリモーターショー2018)
  • アウディ e-tron (パリモーターショー2018)
  • アウディ e-tron (パリモーターショー2018)
  • アウディ e-tron (パリモーターショー2018)
  • アウディ e-tron (パリモーターショー2018)

アウディは、フランスで開催されているパリモーターショー2018にて、ブランド初の市販EV『e-tron』(Audi e-tron)を公開した。

e-tronは、アウディのラグジュアリーモデルと同等のスペースと快適性を備えた電動SUVで、5名の乗員とその荷物を積載することが可能。長距離ドライブに対応する航続と、幅広い充電方法を用意する実用性の高いEVとなる。

e-tronの駆動方式は、電動4WDの「クワトロ」を採用。バッテリーはリチウムイオン電池を搭載し、蓄電容量は95kWhと大容量で、1回の充電での航続は、欧州仕様の場合、最大で400km以上(WLTPドライビングモード)の性能を備える。

またe-tronは、市販車としては初めて最大150kWで急速充電を行うことが可能でこ、およそ30分で充電を行える。

パワートレインには、モーターを2個搭載し、最大出力360hp、最大トルク57.2kgm、最高速200km/h(リミッター作動)を発揮する。またe-tronには、ブーストモードが採用されており、Sモードでアクセルをフルに踏み込んだ際、最大8秒間モーターパワーを引き上げられ、最大出力408hp、最大トルクは67.7kgmに向上する。この効果で、0~100km/h加速は5.7秒の性能を実現する。

また、新開発のブレーキ制御システムは、2個のモーターと連動して、ブレーキの際のエネルギーを高効率に回収する回生システムを装備。ステアリングホイールのパドルを使用して3段階で減速レベルを選択でき、アクセルペダルのオン/オフで、加減速をコントロールすることが可能だ。

通常のブレーキは、0.3gを超える急減速が必要な時のみ作動。新開発された電気油圧式ブレーキ制御システムは、量産EVとしては世界初という。

e-tronには、最新のアウディのデジタルコクピット「アウディバーチャルコックピット」を採用。初設定の「バーチャルエクステリアミラー」用のモニターを、両サイドのドア部分に設置。ドライバー正面にひとつ、センターコンソールに2つ、左右のドアに2つの合計5つのモニターが配置される空間になる。

《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集