MaaSの全国展開を促進…国交省、バス・タクシーの自動運転の活用方法などを検討へ

MaaSなどのモビリティサービス
  • MaaSなどのモビリティサービス
  • MaaSの利用イメージ

国土交通省は、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)などの新たなモビリティサービスの活用の全国展開を促進する。

都市・地方が抱える交通サービスの課題解決を目指し、望ましいMaaSのあり方、バス・タクシー分野でのAI、自動運転活用に当たっての課題抽出、今後の取り組みの方向性などを検討する。

公共交通の分野では、都市部で道路混雑やドライバー不足、地方部では少子高齢化の深刻化などに伴う地域の交通サービスの縮小や、移動そのものの縮小など、様々な問題が生じている。

こうした問題に対応し、交通事業者がMaaS、バス・タクシー運行時におけるAIや自動運転技術の活用など、新たなモビリティサービスの提供に取り組み始めている。これらの新たなモビリティサービスは、公共交通分野での新たな事業展開の可能性を広げるとともに、新たな都市の装置として都市のあり方にも大きなインパクトをもたらす可能性がある。

今回、諸外国や日本の官民における様々な取り組みも踏まえながら、日本における望ましいMaaSのあり方、バス・タクシー分野でのAI・自動運転の活用に当たっての課題抽出、今後の取り組みの方向性などを検討するため、有識者で構成する懇談会「都市と地方の新たなモビリティサービス懇談会」を設置して具体的な検討に入る。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集