レクサス風エギゾースト!?メルセデスAMG GT Rに最強の「ブラックシリーズ」

メルセデスAMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • メルセデスAMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • メルセデスAMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • メルセデスAMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • メルセデスAMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • メルセデスAMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • メルセデスAMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • メルセデスAMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • メルセデスAMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真

メルセデスAMGの高性能スポーツ『AMG GT』シリーズの頂点に君臨する『AMG GT R ブラックシリーズ』市販型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

AMG GTシリーズは、それまでの『SLS AMG』に代わるスポーツモデルとしてAMGが開発。2014年に2シータークーペのAMG GTが登場、派生モデルとなるオープンモデル「ロードスター」も間も無く追加された。その後、より強力な「GT S」、さらに強力な「GT R」「GT Rロードスター」、そして登場間もない「GT C」「GT Cロードスター」とそのラインアップを拡大している。そして今回捉えたのが、シリーズ頂点に君臨する「GT R ブラックシリーズ」である。

スクープした車両は、冷却効果の高い大型コーナーエアインテークを備え、先日スクープした『AMG GT R ロードスター』のプロトタイプと同じフロントマスクが確認できる。最大の違いは、リアエンドだ。バンパーには、レスサスの高性能モデル「F」シリーズ風に重ねられた、デュアルエキゾーストパイプを左右コーナーに装備している。またディフューザーに挟まれ、センターに設置されているエキゾーストはよく見ると塞がれており、フェイクのようだ。

ベースモデルはまもなく控える改良で、4リットルV型8気筒エンジンの最高出力は469psから500psへ向上する。ブラックシリーズでは軽量化が図られるほか、最高出力が600psを超えると予想されている。

ワールドプレミアは、2019年内から2020年と思われる。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

  • メルセデスの新型電動SUV「EQB」は航続500kmへ…価格は5万ユーロ程度か 画像 メルセデスの新型電動SUV「EQB」は航続500kmへ…価格は5万ユーロ程度か
  • ホンダ フィット 次期型、2019年発売か…試作車をスクープ、HVの燃費は45km/Lに? 画像 ホンダ フィット 次期型、2019年発売か…試作車をスクープ、HVの燃費は45km/Lに?
  • メルセデス最速オープンカー「AMG GT Rロードスター」2019年発売へ 画像 メルセデス最速オープンカー「AMG GT Rロードスター」2019年発売へ
  • メルセデスAMG GT がマイチェン!リアスタイル&パワーが大きく変わる? 画像 メルセデスAMG GT がマイチェン!リアスタイル&パワーが大きく変わる?

特集