パイオニア、新型ドラレコ5機種を発売…偏光フィルターに対応

パイオニア VREC-DH600
  • パイオニア VREC-DH600
  • パイオニア VREC-DS600
  • パイオニア VREC-DH700
  • パイオニア VREC-DH400
  • パイオニア VREC-DZ300
  • 偏光フィルターに対応
  • ダブルレコーディング機能
  • VREC-DZ300 取付イメージ

パイオニアは、偏光フィルターに対応する、カロッツェリア ドライブレコーダー5機種を10月より発売する。

新製品は、ダッシュボード部のフロントガラスへの映り込みや対向車両のボディのギラつきなどを大幅に軽減する「偏光フィルター」に対応するほか、フルHD録画で高画質かつ鮮明に録画することができる。また、走行中に衝撃を検知すると検知前後の映像をイベントファイルとして記録する「イベント録画機能」に加え、駐車中に衝撃や動体を検知した際には、本体の内蔵バッテリーを使って最大50分間自動で録画する「駐車監視機能」を搭載する。

さらに上位モデルの「VREC-DH700」と「VREC-DH600」は、3メガ録画に加え、急加減速や急ハンドルなどの挙動を検知すると音で警告するとともに、その走行映像を自動で録画する「危険挙動録画機能」を搭載する。

実勢予想価格(税別)は、偏光フィルター標準装備の「VREC-DH600」と、バックカメラやフロアカメラ(いずれも別売)との組み合わせで車両後方もしくは車室内を同時録画できる「VREC-DH700」が2万3000円前後。スマートな取り付けできる「VREC-DZ300」が1万6000円前後、各種機能をナビ画面から操作できる「VREC-DS600」が2万2000円前後、スタンダードモデルの「VREC-DH400」が1万8000円前後。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース