ダイソン、新型EV開発のテストコース建設へ…160km/h以上の高速走行も可能

エコカー EV
ダイソンが英国に建設予定の新型EV開発のテストコース
  • ダイソンが英国に建設予定の新型EV開発のテストコース
ダイソンは8月30日、英国ウィルトシャー州ハラビントンのテクノロジーキャンパスに2億ポンド(約290億円)を追加投資し、新型EV開発のテストコースを建設すると発表した。

ダイソンは2017年9月、2020年までの実用化を目指して、新型EVの開発に着手したことを明らかにしている。今回の発表は、ダイソンが新型EVの開発を加速させるものとなる。

ハラビントンのテクノロジーキャンパスは、英国空軍基地の跡地を活用したもの。建設されるテストコースは、ハンドリングコースやオフロードコース、スキッドパッドを備え、160km/h以上で走行できる高速コースも設けられる予定。今回の発表に合わせて、ダイソンの自動車開発部門の400名のスタッフが、ハラビントンのテクノロジーキャンパスに拠点を移した。

ダイソンのジム・ローウェンCEOは、「拡大を続けるダイソンの自動車開発部門が、ハラビントンに移転した。ここは間もなく、世界クラスの自動車テストコースになるだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ダイソン、「デジタルモーター」を商標登録…新型EVに関連か 画像 ダイソン、「デジタルモーター」を商標登録…新型EVに関連か
  • テスラの電動トラック『セミ』に「マッドマックス」モード…自動運転のブラインドスポットに設定へ 画像 テスラの電動トラック『セミ』に「マッドマックス」モード…自動運転のブラインドスポットに設定へ
  • BMW出身の創業者による注目の新興EV「BYTON」…北京モーターショー2018 画像 BMW出身の創業者による注目の新興EV「BYTON」…北京モーターショー2018
  • ヤマダ電機、EV事業に参入へ---FOMMと資本業務提携 画像 ヤマダ電機、EV事業に参入へ---FOMMと資本業務提携

特集