ダイソン、「デジタルモーター」を商標登録…新型EVに関連か

エコカー EV
ダイソンの英国本国サイト
  • ダイソンの英国本国サイト
  • ダイソンが「デジタルモーター」を商標登録したことを公表しているEUIPO(欧州連合の知的財産庁)公式サイト
  • デジタルモーターV9搭載のスーパーソニック・ヘアードライヤー・プロモデル
  • スーパーソニック・ヘアードライヤー
2020年までの実用化を目指して、EVの開発に着手した世界的な家電メーカー、ダイソン。同社が、この新型EVに関連する可能性のある名前を商標登録していたことが分かった。

これは、EUIPO(欧州連合の知的財産庁)が公表しているデータから明らかになったもの。ダイソンが8月中旬、欧州で「デジタルモーター」の名前を、商標登録したことが記されている。

ダイソンのデジタルモーターといえば、もともと掃除機用の技術。例えば、「デジタルモーターV4」は、直径85mmの世界最小クラスの1150Wモーター。毎分最大11万回転が可能で、従来型のモーターに比べて、最大3倍の回転数を実現した。

今回、デジタルモーターを欧州で商標登録していたダイソン。EUIPOによると、この名称を適用するカテゴリーのひとつが自動車となっており、ダイソンが開発を進めている新型EVに関連する名前を、新たに商標登録した可能性もある。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集