新幹線の現場にもiPhoneやiPad…JR九州がスマートデバイス導入を強化、在来線に続き

鉄道 企業動向
九州新幹線の乗務員には、車掌へスマートフォン(iPhone 8 plus)が、運転士へタブレット端末(iPad)が導入され、10月から使用を開始する。
  • 九州新幹線の乗務員には、車掌へスマートフォン(iPhone 8 plus)が、運転士へタブレット端末(iPad)が導入され、10月から使用を開始する。
JR九州は8月28日、九州新幹線の乗務員や現場へスマートフォンやタブレット端末といった「スマートデバイス」を導入すると発表した。

JR九州では6月1日から在来線の全列車乗務員に『iPhone 8 Plus』や『iPad mini』(第4世代)を導入しているが、九州新幹線では9月1日から順次配備し、10月1日から使用を開始するとしている。

導入対象は、車掌、運転士、車両担当、工務担当、指令員で、車掌と車両担当にはスマートフォンとして『iPhone 8 Plus』が、運転士、工務担当、指令員には『iPad』が導入される。

これにより、在来線同様、旅客に対して迅速な乗換え案内や翻訳アプリを活用した訪日観光客への対応、筆談アプリによる聴覚に障害を持つ旅客への対応を行なえるほか、現場の写真・映像の共有や電子化された各種資料の活用により、異常時における対応を迅速化できるとしている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集