【マツダ CX-3 新型試乗】タイヤに頼らない進化だとしたら、大成功だ…諸星陽一

試乗記 国産車
マツダ CX-3 改良新型
  • マツダ CX-3 改良新型
  • マツダ CX-3 改良新型
  • マツダ CX-3 改良新型
  • マツダ CX-3 改良新型
  • マツダ CX-3 改良新型
  • マツダ CX-3 改良新型
  • マツダ CX-3 改良新型
  • マツダ CX-3 改良新型
毎年のように改良が行われるマツダ車。『CX-3』は2017年6月に一部改良が行われたので、1年経たずに再度改良を受けたことになる。

ディーゼルエンジンもガソリンエンジンも改良れているが、大きな変更があったのはディーゼルエンジンのほう。ディーゼルエンジンは従来1.5リットルだったものが1.8リットルに排気量アップされた。

トルクはアップされておらず、1.5リットルと同じ270Nm。最高出力は116馬力と9馬力アップとなっている。この排気量アップによって、中間加速が力強いものとなった。高速道路の合流や、料金所を過ぎてからの加速などは従来型よりも力強い。アクセルを踏んだときの加速感が明確で、グッと前に押し出されるような加速を味わうことができる。

静粛性を高めるために前後ドアのアウターパネルの板厚を増し、リアドアガラスの板厚をフロントドアと同じ4mmにアップ、ドアシールの遮音性やルーフ部の吸音性をあわせて向上するなどして静粛性もアップ。快適性をよくしている。

CX-3はデビュー時から乗り心地が硬めなことが話題になっていた。とくに低速時に硬さを感じる乗り味で、いってみればドイツ車に代表されるようなヨーロッパ車的な乗り味。好き嫌いが分かれる部分で、クルマ好きと言われる人たちはあまり気にしないでいたのだが、一般的なユーザーからは不満もあった。それを解消するため足まわりの改良も行われた。

サスペンションはダンパーやバネ、スタビライザーの仕様変更が行われただけでなく、タイヤの特性まで変更して、乗り心地の向上が図られた。とくに低速時の段差乗り越えや路面の継ぎ目などの乗り越え時の快適性を向上している。マツダ車らしい正確なハンドリングはそのままに、上手に乗り心地を確保したもののどこまでタイヤに頼ったのかが気になる部分。リプレースタイヤに変更しても同様の性能が得られれるのなら、このサスまわりの変更は大歓迎であり、大成功であると言える。

今回の大幅改良による排気量の変化を正確な数字でいうと1498ccから1756ccへのアップ。つまり、自動車税のランクは1ランク上がる。グリーン税制対象車ではあるが、ゼロになるわけではないし、期間が過ぎれば元に戻る。これがユーザーにとってメリットかどうか? は意見の分かれるところだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

特集