VWのEVトラック、1600台を受注…一企業から世界最大規模

エコカー EV
フォルクスワーゲン e-Delivery
  • フォルクスワーゲン e-Delivery
  • フォルクスワーゲン e-Delivery
  • フォルクスワーゲン e-Delivery
フォルクスワーゲンは8月21日、EVトラック1600台を、飲料大手のアンベブ社から受注した、と発表した。フォルクスワーゲンによると、一企業からのEVトラックの受注台数としては、世界最大規模になるという。

1600台のEVトラックは、フォルクスワーゲン『e-Delivery』。2017年に発表され、2020年から市場への導入を開始する予定。

フォルクスワーゲンe-Deliveryのモーターは、最大出力109hpを発生。バッテリーはリチウムイオン。1回の充電での航続は、最大200kmの性能を備えている。最大積載量は、4.5~6.7トン。回生ブレーキは、3段階で作動する。

フォルクスワーゲンは2023年までに、1600台のe-Deliveryをアンベブ社に納入する計画。アンベブ社は、e-Deliveryを飲料輸送に使用し、年間で30万トン以上の二酸化炭素の排出を抑える、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱ふそう eキャンター をNYで発表…世界初の量産EV小型トラック 画像 三菱ふそう eキャンター をNYで発表…世界初の量産EV小型トラック
  • テスラのEVトラック セミ、UPSが125台を予約注文…一企業で最大 画像 テスラのEVトラック セミ、UPSが125台を予約注文…一企業で最大
  • ダイムラーの新開発EV大型トラック、実証テストへ…2021年から量産予定 画像 ダイムラーの新開発EV大型トラック、実証テストへ…2021年から量産予定
  • 【東京モーターショー2017】三菱ふそうVision ONEは次世代スーパーグレートか? 画像 【東京モーターショー2017】三菱ふそうVision ONEは次世代スーパーグレートか?

特集