リスニングキャンプ開催、ソニックデザイン ユーザー150台が女神湖に集結 10月14日

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

昨年開催されたリスニングキャンプ8の様子
  • 昨年開催されたリスニングキャンプ8の様子
  • デモカー、左からスバル レヴォーグ STIスポーツ、メルセデスベンツ Sクラス、トヨタ 86
ソニックデザインは、ミーティングイベント「ソニックデザイン リスニングキャンプ9」を10月14日、「女神湖」駐車場(長野県北佐久郡)特設会場で開催する。

ソニックデザイン リスニングキャンプは、ユーザー同士、ユーザーと販売店、ユーザーとメーカー相互間の純粋なコミュニケーションの醸成を目的とした新しいタイプのミーティングイベント。「申し込み不要」「記名不要」「参加費不要」「集合・解散時間自由」「スケジュールなし」「勝敗なし」といった緩やかな運営方針で、2013年6月にスタート。今回で11回目の開催となる。

当日は、ソニックデザインのカーオーディオ製品を装着した個人オーナーがそれぞれ愛車を持ち寄り、試聴や情報交換など、オーナー同士のコミュニケーションを深める場となる。またソニックデザインのオーナーでない人の参加もOK。試聴可能車両は約150台前後の参加が予想されており、気軽にソニックデザイン製品の魅力を体験することができる。

また、車種別専用スピーカーパッケージ「ソニックプラス」を装着した「スバル レヴォーグ STIスポーツ」「メルセデスベンツ Sクラス」「トヨタ 86」が集結。クリアなサウンドや音漏れ防止効果などをじっくりと体感できる。さらに「86 & BRZミーティング」、「XaCAR 86&BRZマガジン」の撮影会も同時開催する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集