ホンダ レジェンド の半生をクールに、あれ!? 3代目は…オートモビルカウンシル2018

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
AUTOMOBILE COUNCIL 2018(8月3〜5日、幕張メッセ)
  • AUTOMOBILE COUNCIL 2018(8月3〜5日、幕張メッセ)
  • AUTOMOBILE COUNCIL 2018(8月3〜5日、幕張メッセ)
  • AUTOMOBILE COUNCIL 2018(8月3〜5日、幕張メッセ)
  • AUTOMOBILE COUNCIL 2018(8月3〜5日、幕張メッセ)
  • AUTOMOBILE COUNCIL 2018(8月3〜5日、幕張メッセ)
  • AUTOMOBILE COUNCIL 2018(8月3〜5日、幕張メッセ)
ホンダのテーマはずばり「LEGEND History」。時代を超えたリッチなクルマたちが集まるこの空間に、自社ハイクラスモデルの歴史を実車とともに展開。初代から5代目までを、クールな色調の空間に置いて展示。「いま見ても美しい」といった来場者の声もあった。(オートモビルカウンシル2018)

1985年登場の初代は、「第一級のポテンシャルと、人間感覚をつつみ込んだ快適さの実現」。国産車初の運転席用SRSエアバッグシステムや、世界初のFF車用トラクションコントロールシステムが話題を呼んだモデル。

来場者が「いま見ても美しい」ともらしていたのは、1990年登場の2代目。国産車初助手席SRSエアバッグや、3.2リットルV6エンジンをFFミッドシップに置くという革新的なパワートレインが話題に。

ここで3代目は……と探すと、その姿がない。「人間の五感を基準にした、Hondaの新しい高級車づくり」という1996年登場のモデルがいない。スタッフに聞けば、「スペースの関係上、3代目が置けなかった」と。「ツインリンクもてぎに常時、展示してあるから、MotoGP開催時期にあわせてぜひ見に行ってみて」とも話していた。

そして、世界初の四輪駆動力自在制御システム「SH-AWD」や、世界初のインテリジェントナイトビジョンシステム、国産車初の300馬力オーバーエンジンで話題になった4代目(2004年~)、さらに現行の5代目(2014年~)へと続く。

ホンダブースでは、こうしたレジェンドの半生のほか、大型二輪クラスの『ゴールドウィング(GL1800)』『ゴールドウィング(GL1500)』なども展示。解説ボードには「誇り高きキング・オブ・グランドツアラー」や、「四輪車感覚の極めて豪華な装備がもたらす快適さ」といったキャッチコピーが載っていた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集