日野、ドライバー異常時対応システム標準装備の大型観光バス セレガ 発売 商用車世界初

日野自動車は、商用車世界初となる「ドライバー異常時対応システム(EDSS)」を標準装備した、改良新型の大型観光バス『日野セレガ』を7月2日より発売する。

自動車 ニューモデル 新型車
日野セレガ 2RG-RU1ESDA
  • 日野セレガ 2RG-RU1ESDA
  • 非常ブレーキスイッチ 運転席
  • 非常ブレーキスイッチ 客席
  • 客席のスイッチは左右の最前列上部に設置
  • 赤色フラッシャー
  • 全客席ELR付3点式シートベルト
  • 客席シートベルト警告灯
  • 客席シートベルト警告灯
日野自動車は、商用車世界初となる「ドライバー異常時対応システム(EDSS)」を標準装備した、改良新型の大型観光バス『日野セレガ』を7月2日より発売する。

EDSSは、非常ブレーキスイッチで車両を止めるドライバー異常時対応システム。急病等でドライバーが運転操作の継続が困難となった場合に、ドライバー自身や添乗員が運転席の非常ブレーキスイッチを押すか、乗客が客席上部に設置されたスイッチを押すことで、制動を開始し、徐々に速度を落とし停止する。このとき、車内では非常ブザーが鳴るとともに、スイッチに内蔵されたランプが点灯、赤色フラッシャーが点滅して、緊急停止することを乗客に伝達。また、周囲に対しては、ホーンを鳴らし、ストップランプとハザードランプを点滅させ異常を知らせる。

また新型セレガは、可変式スピードリミッターを標準搭載。35~110km/hの範囲で、最高速度を設定でき、エコで安全な運行をサポートする。さらに全客席ELR付3点式シートベルトをオプション設定したほか、客席シートベルト警告灯を前席のシートバックに設置。メータークラスターに設けた運転席スイッチを押すと警告灯が起動し、シートベルト未着用の場合には、確実な着用を促す。

ロングボデー車には、AMT(機械式自動変速機)「プロシフト」搭載車型を追加設定。ダイヤル式シフトレバーをインパネに、変速モードの変更やマニュアルシフト操作ができるシーケンシャルレバーをステアリングコラムに設置して変速時の負担軽減を図っている。

価格は日野セレガ スーパーハイデッカ、一般観光/11列、E13C-AEエンジン(450ps)、6速AMTが4904万8200円など。なお、セレガは全車がASV減税の対象で、ロングボデー車(12m)およびショートボデー車(9m)のGVW12トン以下の車型はエコカー減税の対象となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集