ポルシェ 930ターボEV仕様、新東名 NEOPASA清水に期間限定で展示 7月1日-8月31日

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
ベースとなった1980年式ポルシェ911ターボ
  • ベースとなった1980年式ポルシェ911ターボ
輸入車専門の買取サービス「外車王」を展開するカレント自動車は、7月1日から8月31日まで、新東名高速 NEOPASA清水にて、ポルシェを電気自動車化したデモカー「eCurrent 930T-EV」を展示する。

EVデモカーのベースとなったのは、1980年式の「ポルシェ911ターボ」。今回のイベントは、カレント自動車の創業18周年を記念して行うもので、来場したユーザーに輸入車を身近に感じてもらうことが狙い。

イベントでは、ベース車両であるポルシェ911ターボの査定金額を当てたらプレゼントがもらえる、Twitter&Instagramキャンペーンも実施する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集