ホットハッチ400ps時代へ…メルセデスAMG「A45」の驚くべきスペックとは

4月にワールドプレミアとなったばかりの新型メルセデスベンツ『Aクラス』。その頂点に設定される『AMG A45』の姿を、これまでで最もカモフラージュの薄い状態で捉えた。

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
  • メルセデス AMG A45 スクープ写真
4月にワールドプレミアとなったばかりの新型メルセデスベンツ『Aクラス』。その頂点に設定される『AMG A45』の姿を、これまでで最もカモフラージュの薄い状態で捉えた。

自慢の「プレデター・フェイス」には、最強の証「パナメリカーナグリル」を装着。偽装されているものの、かなり大径のコーナーエアインテークがうっすらと見えている。フロントスプリッターやサイドスカートも確認できる。また、弟分『AMG A35』のツインエキゾーストパイプに対し、クワッドエキゾーストパイプを装備しているのも特徴だ。

パワートレインは、2リットル直列4気筒エンジンを搭載。これまでの情報では、最高出力は402ps程度と見られていたが、アップデートされた情報によると410psに達する可能性があるという。1リットルあたり205psとなれば、これはもう完全にスーパーカーと呼べるレベルだろう。ライバルのVW『ゴルフR』も次期型では400ps超えが噂されており、ホットハッチ400ps時代の幕開けは近い。

プラットフォームには、ルノー日産アライアンスと共有する「MFA2」プラットフォームを採用し、ホイールベースが延長される。また、低いロングノーズとワイドなシルエットもインパクトを与えるはずだ。

ワールドプレミアは、2019年後半になるだろう。

◆「デリカD:5」「ジムニー」「S2000」…話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集