スバルの新型SUV『アセント』、第一号車を顧客に納車

自動車 ニューモデル 新型車

スバル・アセントの第一号車を顧客に納車
  • スバル・アセントの第一号車を顧客に納車
  • スバル・アセント
  • スバル・アセント
  • スバル・アセント
SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは6月15日、新型SUVのスバル『アセント』の第一号車を顧客に納車した、と発表した。

アセントは、スバルが北米市場でのさらなる成長を求め、とくにファミリーユーザーに向けて開発した新型3列ミッドサイズSUV。従来の『トライベッカ』の後継車に位置付けられる。

エクステリアには、スバルのデザイン理念フィロソフィーの「ダイナミック&ソリッド」を導入。3列ミッドサイズSUVとして重視される機能性を強調。スバル車で最大となるボディサイズを生かし、7名および8名乗車いずれの仕様でもゆとりのある室内空間を追求している。

また、スバル・グローバル・プラットフォームを採用。高いボディ剛性によって、振動騒音を抑えた快適な移動空間を可能にした。新開発の直噴2.4リットル水平対向4気筒ターボエンジンを核とするシンメトリカルAWDや、SUVらしい走破性を高める「X-MODE」といった中核テクノロジーを搭載している。

スバルオブアメリカは今回、スバルアセントの第一号車を顧客に納車。ウィスコンシン州在住の顧客に、最初のアセントが引き渡された。スバルの現地ディーラーはアセントの最初の顧客に、スバル車を乗り続けてくれた感謝の気持ちとして、「SUBARU STARLINK ENTERTAINMENT ANYWHERE KIT」を無償提供。9.7インチのiPadの32GB Wi-Fiモデルと、ハーマンカードン製のBluetoothヘッドフォンをそれぞれ2個セットしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集