ランドローバー ディスカバリー、不注意のドア開け衝突を警告…2019年モデル

自動車 ニューモデル 新型車

ランドローバー・ディスカバリーの2019年モデル
  • ランドローバー・ディスカバリーの2019年モデル
  • ランドローバー・ディスカバリーの2019年モデル
  • ランドローバー・ディスカバリーの2019年モデル
  • ランドローバー・ディスカバリーの2019年モデル
  • ランドローバー・ディスカバリーの2019年モデル
  • ランドローバー・ディスカバリーの2019年モデル
  • ランドローバー・ディスカバリーの2019年モデル
ランドローバーは6月13日、『ディスカバリー』の2019年モデルを発表した。

ディスカバリーの2019年モデルでは、先進運転支援システム(ADAS)を充実させているのが特徴。2019年モデルには、「クリアエグジットディテクション」を採用。これは、ドアを開ける際、後方から接近してくる車両や自転車、その他の危険を検知し、ドライバーや乗員に警告するもの。障害物が検出された場合、警告灯を点滅させる。

アダプティブクルーズコントロールには、ストップ&ゴー機能を採用。設定した速度を維持しながら、前車との車間距離を自動的に調整する。停止してから3秒以内に先行車が動き出すと、自動的に再発進する。

また2019年モデルには、「ドライブパック」、「パーキングパック」、「ドライバーアシストパック」を設定。ドライブパックは、ドライバーコンディションモニター、ブラインドスポットモニター、トラフィックサインレコグニション、アダプティブスピードリミッターなどをセット。パーキングパックは、狭い場所での駐車を支援する360度のパーキングエイドやリアトラフィックモニターをセットしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集