【F1 カナダGP】ベッテルがポールトゥウィン、ランキングトップへ浮上。

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
F1カナダGP
  • F1カナダGP
  • F1カナダGP
  • F1カナダGP
  • F1カナダGP
  • F1カナダGP
  • F1カナダGP
  • F1カナダGP
F1第7戦カナダGPの決勝レースが10日、モントリオールのジル・ビルヌーブサーキットで行われ、ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が一度もトップを譲ることなく優勝を飾った。

第6戦終了時点でセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、ダニエル・リカルド(レッドブル)が2勝ずつと、3者3チームが互角の状態で進んできた2018年シーズン。ドライバーズランキングは上位入賞回数の多いハミルトンが首位でカナダGPを迎えた。決勝レースはランキング逆転をねらうベッテルがポールポジションからスタート。そのまま後続を寄せ付けることなくポールトゥウィンを飾り、ドライバーズランキングもハミルトンを1ポイント上回りトップに浮上した。

2位はバルテリ・ボッタス(メルセデス)。レース終盤に2位をねらったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)はわずかに及ばず3位。4位にはダニエル・リカルド(レッドブル)が続き、ハミルトンは5位でフィニッシュした。

トロロッソ・ホンダはパワーユニット交換のペナルティで19番グリッドスタートとなったピエール・ガスリーが11位。ブレンドン・ハートレーはスタート直後にクラッシュ。幸い体に異常はなかったが、1周目でリタイヤとなった。

なお、決勝レースは予定通り70周走りきったが、チェッカーフラッグが早く振られるアクシデントがあり、68周終了時点の結果が採用された。

カナダGP 決勝結果
1. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2. バルテリ・ボッタス(メルセデス)
3. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
4. ダニエル・リカルド(レッドブル)
5. ルイス・ハミルトン(メルセデス)
6. キミ・ライコネン(フェラーリ)
7. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
8. カルロス・サインツ(ルノー)
9. エステバン・オコン(フォースインディア)
10. シャルル・ルクレール(ザウバー)
11. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)
12. ロマン・グロージャン(ハース)
13. ケビン・マグヌッセン(ハース)
14. セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
15. マーカス・エリクソン(ザウバー)
16. ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
17. セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)
以上完走
《藤木充啓》

編集部おすすめのニュース

特集