JR3社がICカードによる新幹線チケットレスサービスを開始へ 2019年度末…「モバイルSuica特急券」は廃止に

鉄道 企業動向
「新幹線IC乗車サービス」の利用イメージ。
  • 「新幹線IC乗車サービス」の利用イメージ。
JR東日本、JR北海道、JR西日本は6月5日、2019年度末を目途に、『Suica』『Kitaca』『ICOCA』といった交通系ICカード乗車券で新幹線を利用できる「新幹線IC乗車サービス」を開始することを明らかにした。

対象は、インターネット予約サイト(JR東日本・JR北海道の「えきねっと」またはJR西日本の「e5489」)で予約した、東北・北海道・上越・北陸・山形・秋田各新幹線の指定席または自由席で、予約サイトでICカード情報を登録すれば、チケットレスで新幹線の自動改札機を通過できる。

同一列車で同一行程なら、1回の予約で6人まで利用することができ、子供の利用も可能。また、サービス利用の前後にICカードエリアの在来線に乗車する場合は、チャージ残額に応じてシームレスに利用することができる。

同種のサービスは、これまでJR東日本の「モバイルSuica特急券」があり、「モバイルSuica」に対応した携帯端末が必要だったが、「新幹線IC乗車サービス」では通常のICカードでも利用できるようになる。これにより「モバイルSuica特急券」は廃止される。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集