マツダ、富士スピードウェイでブランド体感イベント開催 9月23日

マツダは、ブランド体感イベント「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」を9月23日、富士スピードウェイで開催する。

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY
  • Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY
  • Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY
  • Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY
  • Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY
  • Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY
  • Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY
マツダは、ブランド体感イベント「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」を9月23日、富士スピードウェイで開催する。

マツダは、より多くの人にマツダをもっと身近に感じてもらうため、クルマの楽しさや造り手の想いに直接触れることができる場として「Be a driver. Experience」を、2014年から全国各地で実施している。富士スピードウェイでの開催は2016年に次いで今回が2回目。前回と同様「人とクルマの絆を、もっともっと深くする」をテーマに開催する。

当日は、次世代技術とデザイン展示、モノづくり展示&体験、人馬一体試乗、先進安全技術搭載車の同乗試乗、ペダルレイアウト操作体験、ヘリテージ車両展示などのブランド体験コンテンツを用意。また、キッズ整備体験、レーシングスーツでの記念撮影、サンバイザーやペーパークラフト作り、ラジコン体験、カート体験など、家族で楽しめるコンテンツも多数用意する。

また、サーキットコースでは、1991年ル・マン24時間レースの優勝車「マツダ787B」や歴代マツダレース車両によるデモンストレーション走行や、ユーザー所有のマツダ車で参加するパレード走行など、サーキットコースを活用したコンテンツを予定している。

前売入場券は1800円でローソンチケットにて8月1日より販売予定。中学生以下は保護者同伴に限り無料。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集