グランドチェロキー 25周年記念車を発売 シルバーをアクセントに

自動車 ニューモデル 新型車
ジープ・グランドチェロキー スターリングエディション(ダイアモンドブラッククリスタルP/C)
  • ジープ・グランドチェロキー スターリングエディション(ダイアモンドブラッククリスタルP/C)
  • ジープ・グランドチェロキー スターリングエディション(ダイアモンドブラッククリスタルP/C)
  • ジープ・グランドチェロキー スターリングエディションの25周年記念バッジ
  • ジープ・グランドチェロキー スターリングエディションのデュアルペインパノラミックサンルーフ
  • ジープ・グランドチェロキー スターリングエディションのヘリテージ仕様レザーシート
  • ジープ・グランドチェロキー スターリングエディションのインテリア
  • ジープ・グランドチェロキー スターリングエディションの20インチアルミホイール ヘリテージ仕様
  • ジープ・グランドチェロキー スターリングエディション
FCAジャパンは、シルバー加飾を施し、装備も充実させた限定車、ジープ「グランドチェロキー・スターリングエディション」を6月9日より125台限定で発売する。あわせて『グランドチェロキー』全モデルで仕様変更を実施する。

グランドチェロキーは1993年にジープのフラッグシップモデルとして誕生し、今年で25周年。限定車名の「スターリング」は銀合金を意味し、結婚25周年記念の銀婚式をモチーフに、シルバーのアクセントを随所に採用。

中間グレードの「リミテッド」をベースに、エクステリアにはシルバーアクセント付のフロントバンパーやフォグランプベゼル、シルバールーフレール、グロスブラックグリル、25周年記念バッジ、特製のシルバーエクステリアバッジなどを採用した。ボディカラーには、ダイアモンドブラッククリスタルP/C(110台)と限定車専用色のサングリアメタリックC/C(15台)を用意した。

さらに、通常はオプションのデュアルペインパノラミックサンルーフや、ジープの伝統にインスピレーションを得た専用デザインの20インチアルミホイール、初代モデルのデザインを復刻したレザーシートを特別装備。レザーインストルメントパネルやイリジウムシルバーのインテリアアクセントも追加し、豪華な仕立てとした。エンジンは3.6リットルV型6気筒 (290ps、347Nm)で、トランスミッションは8速ATとなる。

また、限定車の発売にあわせて、グランドチェロキー全車で仕様変更を実施。従来のLEDクリアランスランプを、より光度の高いLEDデイタイム・ランニング・ライトに変更して被視認性を向上。オーディオナビゲーションのUconnectシステムを最新世代とし、新たにApple CarPlayとAndroid Autoに対応したほか、オフロードページ(ラレード、リミテッド、サミット)やパフォーマンスページ(SRT8)といったコンテンツを追加。さらにUSBポートを1基から2基に増設し、スマートフォンの接続や充電をより快適に行えるようにした。

このほか、「ラレード」、「リミテッド」、「サミット」のインテリアアクセントの色を変更したほか、ラレードではファブリックシートのデザインを変更。リミテッドには、逆位相の音をスピーカーから発生させてノイズを打ち消すアクティブノイズコントロールシステムを追加した。

価格はラレードが499万円、リミテッドが610万円、サミットが675万円、SRT8が810万円。スターリングエディションが620万円。
《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集