日産 フェアレディZ に2019年型、3万ドル切るベース価格を維持

自動車 ニューモデル 新型車
日産370Z(フェアレディZ )2019年型
  • 日産370Z(フェアレディZ )2019年型
  • 日産370Z(フェアレディZ )2019年型
  • 日産370Z(フェアレディZ )2019年型
  • 日産370Z(フェアレディZ )2019年型
  • 日産370Z(フェアレディZ )2019年型
  • 日産370Z(フェアレディZ )2019年型
  • 日産370Z(フェアレディZ )2019年型
日産自動車の米国法人、北米日産は5月29日、『370Z』(日本名:『フェアレディZ』)の2019年モデルを発表した。

2019年モデルには、「ヘリテイジエディション」を継続設定。同車は、米国のスポーツカーのアイコン的存在、初代『ダットサンZ』が1969年にデビューして、50周年を迎えたことを記念したモデル。

ボディカラーは、シケインイエローとマグネティックブラック。シケインイエローの場合、ボンネットやボディサイドに、グロスブラックのストライプが添えられる。また、ドアミラーカバーはブラック。インテリアは、イエローのトリムが配されている。

2019年モデルでは、このヘリテイジエディションに、ディープブルーパールとパールホワイトの新色を設定。さらに、リアビューモニターを採用したオートディミングバックミラーを標準装備する。2019年モデルのベース価格は、2万9990ドル(約325万円)と、3万ドルを切る価格を維持している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集