往年のF1マシンによる公式レース「マスターズヒストリック」、日本初開催へ 11月17-18日

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

昨年のデモンストレーションの様子
  • 昨年のデモンストレーションの様子
  • 昨年のデモンストレーションの様子
鈴鹿サーキットは、11月17日・18日に開催するヒストリックイベント「RICHARD MILLE 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2018」にて、「マスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1」公式戦を日本初開催すると発表した。

マスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1は、3リットルエンジンを搭載し、1966年から1985年に製造された往年のF1マシンを使用する公式レース。グラウンドエフェクトの有無、年式などによって4クラスに分けられ、欧州でシリーズ戦が行われている。昨年の鈴鹿サウンド・オブ・エンジンでは、同時に11台のヒストリックF1マシンがデモンストレーションを行い、観客を大いにわかせた。

今年の鈴鹿サウンド・オブ・エンジンでは、このマスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1の公式戦を、日本、そして東アジアで初開催。約20台のヒストリックF1マシンが集結し、11月17日・18日の各日、公式レースを披露する。出場車両は決定次第、発表する。

なお、前売りチケット(大人)は1日券が2500円、2日券は3500円で、9月23日より発売する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集