FALKEN、レッドブル・エアレース千葉大会の公式パートナーに決定

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
FALKENブース(イメージ)
  • FALKENブース(イメージ)
  • レッドブル・エアレース千葉大会
住友ゴム工業は、5月26日・27日に幕張海浜公園で開催される「レッドブル エアレース 千葉大会」に、オフィシャルパートナーとしてファルケンブランドで協賛すると発表した。

千葉大会は、全8戦で開催される「レッドブル エアレース ワールドチャンピオンシップ 2017」の第3戦で、日本では今年で4年連続の開催となる。レッドブル エアレースは、世界トップクラスのパイロットたちが高速で機動性に優れたレース専用の飛行機を使用し、高さ25mに設置されたパイロン(エアゲート)で構成された低空の空中コースを最高時速370kmで飛行して、技の正確さと速さを競う。

また、会場にFALKENブースを出展し、新商品「AZENIS FK510」をはじめとするタイヤラインアップのほか、同社が「チームFALKEN」としてサポートしている室屋義秀選手が操縦する機体の模型を展示する。室屋選手は千葉大会で2016-2017年に2年連続優勝を果たしており、3連覇が懸かる本大会に注目が集まっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集