スバル、フォレスター 新型の技術をアピールへ…人とくるまのテクノロジー2018

自動車 ニューモデル 新型車
スバル ブースイメージ
  • スバル ブースイメージ
  • 新型フォレスター
SUBARU(スバル)は、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に新型『フォレスター』を出展し、先進安全性能や走行性能を動画、デジタルパネルで解説する。

新型フォレスターは、取り回しの良さと室内の広さを両立したパッケージングや、スバル初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」など、使い勝手の良い装備を採用。スバル共通のデザインフィロソフィー「DYNAMIC × SOLID」のもと、SUVらしい逞しさや機能的で使いやすさが感じられるデザインを表現した。

また、スバルグローバルプラットフォームを採用することでクラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現。さらに、運転支援システム「アイサイト」、新開発2.5リットル水平対向4気筒直噴エンジンを核とするシンメトリカルAWDや、SUVらしい走破性を高めるX-MODEなどを搭載している。

このほか、主催者企画の公道試乗会には『XV』を提供。メーカー説明員同乗のもと、その魅力を体感できる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集