復活のアストンマーティン DBS、オープンモデル「ヴォランテ」を最速スクープ!

自動車 ニューモデル 新型車
アストンマーティン DBS スーパーレジェーラ ヴォランテ スクープ写真
  • アストンマーティン DBS スーパーレジェーラ ヴォランテ スクープ写真
  • アストンマーティン DBS スーパーレジェーラ ヴォランテ スクープ写真
  • アストンマーティン DBS スーパーレジェーラ ヴォランテ スクープ写真
  • アストンマーティン DBS スーパーレジェーラ ヴォランテ スクープ写真
  • アストンマーティン DBS スーパーレジェーラ ヴォランテ スクープ写真
  • アストンマーティン DBS スーパーレジェーラ ヴォランテ スクープ写真
  • アストンマーティン DBS スーパーレジェーラ ヴォランテ スクープ写真
  • アストンマーティン DBS スーパーレジェーラ ヴォランテ スクープ写真
アストンマーティンは、『ヴァンキッシュ』後継モデルとなる新型スポーツカー『DBSスーパーレジェーラ』を6月に公開する予定だ。6年ぶりの復活となる「DBS」だが、レスポンスの兄弟サイトSpyder7では早くもそのオープンモデル「ヴォランテ」プロトタイプの姿を捉えることに成功した。

2007年には映画「007カジノ・ロワイヤル」のボンドカーとしても登場した「DBS」は、2012年に生産終了。今回6年振りにそのネーミングが復活となる。Spyder7では年初にクーペの存在をスクープしていたが、当時はヴァンキッシュ次期型と見られていた。

DBSスーパーレジェーラ・ヴォランテ(仮)は、『DB11』と似たエクステリアだが、フロントスプリッター、メッシュのラジエーターグリルには、ナンバープレート・ブラケットとして機能する水平バーを備えている。またサイドスカート、大型ブレーキキャリパー、クワッドエキゾーストパイプ、リアスポイラー、細いテールライトなど、アグレッシブかつスポーティなスタイルを特徴としている。

インテリアには、カーボンファイバーのエアコン吹き出し口、インフォテインメントシステム用のメルセデス製ソース・ロータリー・コントローラーを装備する。

パワートレインは、5.2リットルV12型ツインターボエンジンを搭載。最高出力700ps以上が予想されている。これは先日発表された『DB11 AMR』の630psよりも強力で、アストンマーティン最上級モデルにふさわしいスペックを備えたモデルとなる。

◆「デリカD:5」「ジムニー」「S2000」…話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集