BMW X3 xDrive 20dをリコール…燃料ポンプとリアスポイラーに不具合

自動車 テクノロジー 安全
燃料タンクの右側と左側の残量差を調整する燃料ポンプの製造工程において、燃料供給バルブを損傷させたため、作動不良を起こすものがある。そのため、燃料タンク内に燃料が残っていても燃料をエンジンに供給できず、最悪の場合、エンストするおそれがある。
  • 燃料タンクの右側と左側の残量差を調整する燃料ポンプの製造工程において、燃料供給バルブを損傷させたため、作動不良を起こすものがある。そのため、燃料タンク内に燃料が残っていても燃料をエンジンに供給できず、最悪の場合、エンストするおそれがある。
  • リアスポイラーの製造工程管理が不適切なため、リアスポイラー取付けボルトが装着されていないものがある。そのため、走行中リアスポイラーから異音(風きり音)が発生し、最悪の場合、高速度で走行するとリアスポイラーが脱落するおそれがある。
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は5月10日、『X3 xDrive 20d』の燃料ポンプとリアスポイラーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年7月13日~2018年1月23日に製造された1215台。

燃料タンク右側と左側の残量差を調整する燃料ポンプについては、製造工程で燃料供給バルブを損傷させたため、作動不良を起こすものがある。そのため、燃料がタンク内に残っていてもエンジンに供給できず、最悪の場合、エンストするおそれがある。

リアスポイラーについては、製造工程管理が不適切なため、リアスポイラー取付けボルトが装着されていないものがある。そのため、走行中リアスポイラーから異音(風きり音)が発生し、最悪の場合、高速度で走行するとリアスポイラーが脱落するおそれがある。

改善措置として、 全車両、燃料ポンプを点検し、不具合のあるものは良品に交換する。リアスポイラーは全車両、当該ボルトが装着されているかを点検し、装着されていない場合は取り付ける。

不具合は燃料ポンプで3件発生、リアスポイラーは0件。いずれも事故は発生していない。

燃料ポンプについては市場からの報告により、リアスポイラーについてはドイツ本国からの情報により届け出た。

移動ロスを極力短く、有益な時間を創出したいという理念が社名に込められているそうだ。同社は1998年に世界初…
《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集