F1日本GPをVIP観戦できるチケット、30万2000円-67万5000円 5月27日発売

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

F1日本グランプリ 30回記念(イメージ)
  • F1日本グランプリ 30回記念(イメージ)
鈴鹿サーキットは、「2018 FIA F1世界選手権シリーズ第17戦 日本グランプリレース 鈴鹿30回記念大会」(10月4~8日開催)にて、プレミアムなエリアで観戦できる「Formula One Paddock Club」と「VIPスイート・プレミアム」を5月27日より発売する。

フォーミュラワン パドッククラブは、ピットビル2Fホスピタリティラウンジに設置された観戦ルーム。ピット真上に位置し、ホームストレートを疾走するマシン、緊迫のピットワークを間近に見られるほか、金曜日~日曜日に開催される占有のピットウォークに参加できる。駐車場は鈴鹿サーキット内に用意、パドックエントランスまでシャトルサービスを実施する。料金(8歳以上・1名)は土日2日間が62万6000円、金~日3日間が67万5000円。

VIPスイート・プレミアムは、グランドスタンド最上部に設置された観戦ルーム。コースに向いた前面部は総ガラス張りで、地上25mを超える高さから1・2コーナー、S字、ダンロップコーナー、シケインまで見渡せる。快適な室内席(VIPスイート)と臨場感あふれるテラス席(VIPテラス)を好みにあわせて利用できる。また、室内では、スペシャルなランチメニューに加え、フリードリンクも。駐車場は鈴鹿サーキット内に専用駐車場を用意する。料金(中学生以上・1名)は土日2日間が30万2000円、金~日3日間が33万2000円。

ラリー競技でドライバーの道案内をするという重要な役割を果たすコ・ドライバー。緑と白のレーシングスーツを纏った…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集