テスラ、2018年7-9月期にも黒字化の見通し…カギは モデル3 の生産体制

自動車 ビジネス 企業動向
テスラ・モデル3
  • テスラ・モデル3
米国のEVメーカー、テスラは2018年第3四半期(7~9月)に、黒字に転じるとの見通しを明らかにした。

テスラの2018年第1四半期(1~3月)の最終損益は、7億0955万ドル(約774億円)の赤字。前年同期の3億3027万ドルの赤字から赤字幅が拡大し、四半期決算としては過去最大の赤字を計上している。

テスラの今後の黒字化のカギを握るのが、新型コンパクトEVセダン、『モデル3』の生産体制。テスラはモデル3の生産が計画通りに進めば、2018年第3四半期にも黒字化が可能と予想する。

モデル3に関しては、これまでに度重なる生産障害が発生。需要に生産が追い付いていない状態が続いており、同社の決算に悪影響を与えていた。

テスラは、モデル3を週5000台生産する目標は、およそ2か月後に実現できると予測。この計画を達成すれば、2018年第3四半期決算での黒字化は可能、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集