AMG 6×6や「ガチャ」まで! 北京汽車のGクラスリスペクト…北京モーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー

BJ80(北京モーターショー2018)
  • BJ80(北京モーターショー2018)
  • BJ80(北京モーターショー2018)
  • BJ80(北京モーターショー2018)
  • メルセデスベンツGクラス
  • BJ80(北京モーターショー2018)
  • BJ80(北京モーターショー2018)
  • BJ80(北京モーターショー2018)
  • BJ80(北京モーターショー2018)
北京汽車のSUV『BJ80』という名前を聞いてピンとくる人は少ないだろうが、写真を見て何かを感じる人は多いに違いない。単調直入に言うとメルセデスベンツ『Gクラス』によく似ているのだ。

驚くことに、製造している北京汽車はメルセデスベンツの中国における合弁相手であり、中国においてメルセデスベンツの正規モデルを生産している会社。そんな“ベンツの関連企業”がこともあろうにメルセデスベンツによく似たデザインのモデルを作って販売しているのだから中国とは不思議な国だ。

しかも北京モーターショー2018ではGクラスのスペシャルモデルである「G63AMG 6×6」に似たモデル「BJ80 6×6」まで展示。フロントこそGクラスとは異なるが、20m離れてG63AMG 6×6と見分けがつく人はいないだろう。


もちろん駆動系は本家同様にポータルアクスルを採用。ただしエンジンは4気筒の2.3リットルターボで250psと控えめなので、走りに関してはG63AMG 6×6と大きな差がありそうだ。

いっぽうGクラスといえば、ドアを閉じた際の「ガチャ」というラッチの音が独特で人気だが、BJ80でもしっかり再現されていた。これも驚きだ。

5月16日開催【北京モーターショー報告と中国のEV、自動運転セミナー】
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集