リーフのEV技術を移植、日産 シルフィ・ゼロエミッション…北京モーターショー2018[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)
  • 日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)
  • 日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)
  • 日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)
  • 日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)
  • 日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)
  • 日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)
  • 日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)
  • 日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)
日産自動車は4月25日、中国で開幕した北京モーターショー2018において、『シルフィ・ゼロエミッション』を初公開した。

同車は、日産の中国市場における最量販セダン、『シルフィ』をベースに開発されたEV。日産『リーフ』と同じプラットフォームを利用。リーフのコア技術を継承することで、安心感のある安定した走りを追求する。

シルフィ・ゼロエミッションは、100%電動パワートレインならではの力強い走行性能に加えて、先進技術と広い室内空間が特徴。また、航続は中国の測定モードで338kmを達成しており、長距離ドライブを楽しむことができるという。

バッテリーはシート下に配置するEV専用プラットフォームにより、クラストップの広さを持つレッグルームと、快適で広々としたキャビンを追求。人間工学に基づいて設計されたシートは、ヒーター機能をオプション設定することで、快適性を高めた、としている。

5月16日開催【北京モーターショー報告と中国のEV、自動運転セミナー】
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集