【WRC 第5戦】トヨタが今季初優勝…オット・タナク、移籍後初勝利

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
#8 オット・タナク(トヨタ)
  • #8 オット・タナク(トヨタ)
  • #8 オット・タナク(トヨタ)
  • #8 オット・タナク(トヨタ)
  • アルゼンチン戦を制したオット・タナク。
  • タナク(奥)と、コ・ドライバーのM.ヤルヴェオヤ(手前)。
  • 2位に入ったヒュンダイの#5 ヌービル。
世界ラリー選手権(WRC)第5戦アルゼンチンは現地29日にフィニッシュを迎え、トヨタのオット・タナクが優勝を飾った。トヨタは今季初優勝で、昨季のワークス参戦再開以降では3勝目。タナクにとっては移籍後初勝利となっている。

グラベル(非舗装路)ラリーのアルゼンチン戦、大量リードを構築して競技最終日に入った#8 オット・タナク(トヨタ「ヤリスWRC」)はそのままトップの座を守ってフィニッシュし、今季初優勝。ラリーをほぼ完全に支配したといってもいい、快勝だった。

2~3位はヒュンダイ「i20クーペWRC」勢で、2位に#5 ティエリー・ヌービル、3位に#6 ダニ・ソルド。4位はフォード「フィエスタWRC」を駆る王者 #1 セバスチャン・オジェ。#8 タナク以外のトヨタ勢では#9 エサペッカ・ラッピが8位に入っている。

エストニア出身30歳のタナクは、今季トヨタに移籍してきたドライバー(昨季は「フィエスタ」をドライブ)。今回の勝利がWRCでの自身通算3勝目で、トヨタでの初優勝になった。トヨタは昨季からワークス参戦を再開して、初年度に2勝。今季はこれが初優勝となっている(昨季の勝者はヤリ-マティ・ラトバラとラッピ)。

昨季は18年ぶりの復帰早々、2戦目で最初に勝ったトヨタ。2年目の今季は初勝利が5戦目と少々遅れたが、ラリーの名門は現代のWRCにおいても新たな体制で着実に地歩をかためている印象が強い。来年秋の開催が企図されるWRC日本戦(中部地区)の実現に向けても、トヨタの好成績が良い循環を生むことが期待されるところだ。

*上記の結果はラリー直後の速報結果に基づく。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

  • 【WRC 第5戦】ヤリス駆るタナク、最終日を前に46.5秒リードで首位…トヨタ勢今季初優勝に向け前進 画像 【WRC 第5戦】ヤリス駆るタナク、最終日を前に46.5秒リードで首位…トヨタ勢今季初優勝に向け前進
  • 【WRC 第4戦】ツール・ド・コルスでトヨタ・ヤリスのタナクが2位に…優勝はフィエスタ操る王者オジェ、これで今季4戦3勝 画像 【WRC 第4戦】ツール・ド・コルスでトヨタ・ヤリスのタナクが2位に…優勝はフィエスタ操る王者オジェ、これで今季4戦3勝
  • 【WRC】2019年11月の中部地域開催めざす…日本ラウンド招致準備委員会が東京オートサロン2018で発表 画像 【WRC】2019年11月の中部地域開催めざす…日本ラウンド招致準備委員会が東京オートサロン2018で発表
  • 【WRC】トヨタが2018年仕様 ヤリスWRC を公開…主な改良点はフロントの空力と冷却系 画像 【WRC】トヨタが2018年仕様 ヤリスWRC を公開…主な改良点はフロントの空力と冷却系

特集

おすすめのニュース