アラウンドビューモニターで見るとワイヤーアートが変化、日産本社ギャラリーで展示中

自動車 テクノロジー 安全
#死角アート BLIND SPOT ART
  • #死角アート BLIND SPOT ART
  • #死角アート BLIND SPOT ART 体験方法
  • インテリジェント アラウンドビューモニター
  • 武藤裕志氏
日産自動車は、4月26日から5月6日の11日間、クルマの死角に置かれたワイヤーアートが「インテリジェント アラウンドビューモニター」で本来の正しい造形を現す、「#死角アート BLIND SPOT ART」を日産グローバル本社ギャラリーにて開催中だ。

「#死角アート」とは、運転席からは死角で見えない場所に置かれたワイヤーアートが、インテリジェント アラウンドビューモニターの真上から見ているような映像により角度が変わることで、造形の変化を楽しむことができるというもの。

どれほど注意深く周囲に気を配っていても、クルマには「死角」が存在する。今回、日産はクルマの真横や斜め後ろなど、運転席には死角があることを再認識してもらうために、それを補う「インテリジェント アラウンドビューモニター」技術の安全性を体感できる技術アート「#死角アート」を開発。今回、実際に展示される作品は、角度によって見え方の変わる錯視的造形を得意としている作家の武藤裕志氏協力のもと実現した。

#死角アートの体験方法は、まずクルマの外から、「クルマの死角」に置かれたワイヤーアートを眺める。次に運転席に乗り込む。すると今まで見えていたワイヤーアートは、消えてしまう。そしてインテリジェント アラウンドビューモニターのスイッチをオン。「クルマの死角」で見えなかったワイヤーアートは驚きの姿に変身する。

日産では、#死角アートを体験してもらうことで、ドライバー位置からは見ることのできない障害物を、モニターを通して把握できるという安全性を訴求する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • アルパイン ビッグX、セレナ専用モデルに11型大画面の投入決定…アラウンドビューモニターにも対応 画像 アルパイン ビッグX、セレナ専用モデルに11型大画面の投入決定…アラウンドビューモニターにも対応
  • VW パサート ヴァリアント 限定モデル、駐車支援システムやアラウンドビューカメラ装備 画像 VW パサート ヴァリアント 限定モデル、駐車支援システムやアラウンドビューカメラ装備
  • タイムズ、アラウンドビューモニター装備の日産 ノート 1000台をカーシェア車両に導入 画像 タイムズ、アラウンドビューモニター装備の日産 ノート 1000台をカーシェア車両に導入
  • 日産オリジナルグッズ、春夏モデル104アイテムを追加 4月17日発売 画像 日産オリジナルグッズ、春夏モデル104アイテムを追加 4月17日発売

特集

おすすめのニュース